選挙の予想

 近日中に選挙があるらしい。自民党は今回も勝つらしい。議席獲得予想は天気予報より当たらないらしい。競馬の倍率と一緒だね。大穴狙いで選挙でも行ってみるか、という時間は無さそう。選挙に行かないとどういう事になるかというと、支持者の多い人に有効に働く。そういう事を知っていても、何が何でも行こうとは思わない。何故か。
 身の危険を感じない。生きて行くのに支障がない。今の政治は多党が議論して進行するから簡単に独裁にならない。自分に有利な政治理念と政策を掲げている党や政治家がいない。政治に関わるとロクな事が無い。政治家は政治を行って生計を立てているので信用ならない。言っている事の意味が分かりにくい上に言っている事とやっている事が違う人が多すぎる。地元でないと選挙ができない。選挙が24時間営業していない。選挙活動が五月蝿い。選挙に行っても儲かるわけではない。
 例えば選挙に行くとお金をもらえるとか、何時行っても選挙ができるとか、どこにいても投票できるとか、まあそういう措置がとられれば、もしくは私がすごく暇人になれば、行くかもしれない。ただし、政治家の人間性が向上したり、政治制度が大きく変わらない限り、テキトーな投票でお茶を濁すであろう~。適当にお茶を濁す投票なら別に行っても行かなくても良いじゃん。と思う。
 政治に参加したい人は全員当選させちゃえばいいんだよ。そのかわり一人当たりの給与が減るけど、やりたくて政治をするんでしょ?お金のためじゃなくて日本を変えたいんでしょ?議会を通った条例や法律に関して、最終的に国民投票して決めればいいじゃん。と思わない事も無い。政治制度を変えるのはとても面倒な事だから、自分から率先してやろうとは思わない。だって今の制度に不満があるわけじゃないから。
 システムが完成に近づけば、それを使う人間は堕落するし、システムそのものに対して関心が薄くなる。パソコンだって、中身を気にしながら使っている人はごく一部だと思う。多くの人にとってはパソコンはハードウエアー的にもソフトウエアー的にもブラックボックスだし、ブラックボックスである事を心配しながら使っている人は少ない。あ、パソコンは例えが悪かったかなぁ。例えが悪いとすれば、メーカーのせいだと思うんだけど(苦笑。
 どきどきハラハラな方が面白いんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree