ベターマン(アニメ)

ベターマンというアニメは、放映当時から注目していた(都合により全話みる事ができなかったけど)作品です。
設定はSFと言うには底が浅い、キャラクターは何処かで見た事あるような背景と性格、台詞にはわざとらしい説明口調が多く、ストーリーは王道で伏線が見え見え。
でも、それを覆す程のテンションの高さが何とも素晴らしい。作る人が楽しくて、作品を見た人も楽しければとりあえず何でもいいや、という作品です。
逆を言えば、設定をもっとしっかり作って、キャラクターを練り上げて、説明を映像化して、細かい伏線を無数に張れば、実は大ヒットしたんじゃないかと。
まあ、そこまでしたら違う作品になってますけど。
「ベター」マンだからこのぐらいでいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree