髪の毛切った

 髪の毛を切ってきた。いろいろな理由が歩けど、先日、髪を染めたらずいぶんと痛んでしまったというのが一番大きな理由です。ついでに昨日暑くて、髪の毛がうるさく感じたのも理由のひとつです。
 このごろ秋葉原の昭和通口からすぐのところにある床屋さんに行っています。普通に町の床屋さんで、値段も1,000円からとお買い得。10分で1,000円のカットよりは丁寧だし1,500円でシャンプーとか、2,000円で髭剃りとかもやってくれるので、使っていました。
 私は床屋が嫌いでずいぶんと長い髪の毛で過ごしていたのですが、まあ、あるとき、突然切りたくなっていろいろとあって、今は平凡な髪型にしています。床屋は本当に正直カンベンってぐらい嫌いだったのですが、秋葉原のその床屋さんはそんなに嫌いではなく、まあ良いかなと今回も行ったわけですが。
 その床屋さんには何人もの理容師の人がいて、入店のタイミングで誰になるのかわからない。今まで何度か利用していたわけですが、今日の理容師は私の嫌いなタイプでした。
 どこが嫌いかと言うとタッチがこそばゆいのですよ。髪の毛に櫛を通すときでも、はさみで細部を切るときでも、髪の毛に触れるときでも。もう拷問かと。お金を置いてさっさと逃げ出したい気持ちでした。背筋がぞくぞくして「ヤメテ!」と叫びたい気持ちを必死に抑えて、いつ終わるのかわからないカットをじっと待ってました。また、こういう人に限って、わけのわからないこだわりと言うか、最後の最後まで細部を切ったり、櫛を何度も通したり。もうそんなとこはどうでも良いから…orz。
 朝から体力を使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree