「封神演義」

シェアブログmangacafeに投稿
 ジャンプコミックの「封神演義( http://www.amazon.co.jp/gp/pro……らだ。
 この「封神演義」はコスチュームの奇抜さで目を引いた。歴史モノにありがちな歴史的な衣装や姿を相当無視している。この作品の中に出てくる仙人の中で、一般的な仙人のイメージに当てはまるのは主人公の太公望の師である「原始天孫」ぐらい。あとは何処かしら仙人らしさを欠いている。
 この奇抜さが読みやすさを加速していると思う。だから、二度目、三度目に読むと、奇抜さを感じられずに読みにくさが前に出てしまう、のだと思う。
 今週末ぐらいまでに読み終わってるといいなぁ、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree