テレビ番組とYouTube

 ふらっとYouTubeランキングを見たら日本語のファイルがあったので開けて見た。

 このごろのお笑いってこんな感じなんだと、ひとまず感心した。インターネット世代が増えて、メールとか2ちゃんねるとか顔文字とか、テキストをグラフィカルに見せていく手法は、ずいぶんと定着したのかな。バラエティー番組で喋った台詞を逐一グラフィカルなテロップで流しているのを「うざい」と言っている人も多くなくなった感があるし。インターネットでもFlashなどの動画が公認化されつつあるし、タイポグラフィーも静止画から動画へ移行していると思う。
 とまあ、そんな一般論的な話ではなくて、この動画を見て面白いと思った人は「エンタの神様」と言う番組を一度は見るのではないかと思ったわけで。これはいい宣伝材料になるのではないかと。背景に大きく「エンタの神様」という文字が入っている。この動画を見て、「エンタの神様」という番組名を知る人もいると思う(私がそうだから)。
 特にインターネット世代はネットでの視聴がメインになっていくが、そういったユーザーを取り込んでいく一つの方法として十分に考慮できるのではないかと思う次第です。
 ちなみにテレビ番組で文字だけのフリップを活用した番組って、ニュースとかみのもんたとかそこら辺が最初なのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree