「トニーたけざきのガンダム漫画」

 「トニーたけざきのガンダム漫画」は面白い。私は「岸和田博士の科学的愛情」が大好きだったが、トニーたけざき著の作品はあまり読んでいなかった。もっと言うならガンダムもそれほど熱心に好きなわけではないので、この本を手に取るかどうかしばらく悩んだ。が、まあ一冊完結っぽいしと思い読んでみた。とても面白かった。初期のガンダムを少しでも知っている人は是非読んでみるべき、と思った。
 お勧めは「第二話 ガンダムの強さの秘密!?」と「第五話 弾幕の午後~ブライトの憂鬱~」と「第八話 ジャブローに散蒔く!」かな。ダム増量とか、「ブライト艦長は弾幕が薄いのがお嫌いな方だと何べん言ったらわかるんだ」とか「超量産型モビルスーツ サク」とか、発想が素晴らしい。何をどう考えているのか、トニーたけざき氏の本領が見事なまでに発揮されている作品だと思う。
 是非読むべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree