「そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート> 」

 「そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート> 」を読み終わる。こども向けの推理小説だが楽しかった。文体がこども向けでソフトたっちで、句読点が多く、展開が速いのが気にならないことも無かったが。こども向けのためにどろどろした人間関係も出てこないのが新鮮でした。描写も切り詰めてあり、わかりやすすぎの感がありますが、推理小説なら問題ないでしょう。大人でも子どもでも十分楽しめる作品です。
 主人公は中学生の女の子。これ以上書くとネタばれになるから書かないけど、のっけからとばしてますので良いところを軽く読み飛ばさないように注意する必要あり。というか最後までじっくり一気に読みたい本です。
 面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree