「灰羽連盟」

 「 灰羽連盟」はふしぎな話だ。アニメーションはそのふしぎを余すところなく充分に堪能できる。
 内容はひとりの灰羽を通じて灰羽という人々が産まれ、生活し、街を去る様子を描いている。世界観はふしぎで出来ているが、その様子は何だかすぐ近くにあるような、親近感と現実性を持っている。
 壁に囲まれた街が舞台となっているが、ふと「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」を思い出してしまった。何処かに迷い込んでしまったような感覚は「イバラード」を彷彿させる。
 そんな暖かくも切ない物語だ。

「灰羽連盟」” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 通りすがりの灰羽好き より:

    こんにちは、
    結構な数のアニメを見たつもりでしたが、灰羽連盟のような話ははじめてでした。最初のほうは、この変なアニメは何なんだ?って思っていましたが、途中から引き込まれて、その世界にどっぷりとつかってました。そして最後はもう心が動かされっぱなしで…という感じです。
    いいアニメだとは思うのですがマイナーなんですよね。
    なぜかレンタル屋さんには萌えコーナーにあるそうですし (笑)
    違うと思うんだけどなあ。

  2. 少年ありす より:

    なかなかメジャーにならないアニメですよね。ドラマの盛り上がりがいまいちなのと、一貫したわかりやすいストーリーと言うものに欠けるのが主な原因かと。それと、「結局なんだったの?」という疑問が残ってしまうところ。
    たぶん宮崎駿が少しでも関わっていて、徳間から大々的に売り出していれば、世間の評価も違ったものになっていたと思わないこともないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree