女性ゲーマー、名作童話、ゲーム学校教育、ソニーは大丈夫か


 「女性ゲーマーのいろいろ。(http://www.ladygamer.jp/column/column_6.html)」を読んでいて、女性ゲーマーってゲームセンターでSNKとかの格ゲーが異常に強いおねぇちゃん達の事だと思っていた自分が恥ずかしいです。でも、家でゲームをやってる人は「ひきこもり」だし、UFOキャッチャーとか大型体感ゲームって明るい雰囲気で一般人っぽいし、確実にゲーマーと呼べるのは格ゲーかシューティングと言う偏見が私にはあります。皆様はどうですか?
 「名作童話の演劇風サウンドノベル「図書館ではお静かに」(http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/10/05/okiniiri.html)」と言うソフトがありました。面白そう。
 「ゲームを用いた学校教育の可能性について肯定的な報告(http://www.gpara.com/kaigainews/eanda/2006100502.php)」とのことです。日本の教育は英語学習でつまずいていますが(苦笑。
 「ソニーは大丈夫か(http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw06101501.htm)」と言う記事がありました。本当に大丈夫なんですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です