「”文学少女”と飢え渇く幽霊」

 「”文学少女”と飢え渇く幽霊」を読み終わった。先日読んだで紹介した「“文学少女”と死にたがりの道化」( http://shonenalice.seesaa.net/……進む。
 今回は「嵐が丘」らしいです。私は読んだことがなかったので、全くわかりませんでしたが。
 読んでいて何か違和感を感じたのですが、作者が「今回は非常~に難産で」と書いてあるのと関係しているのかもしれません。
 前回の路線のと同じく、文芸部の探偵ごっこがメインパートになって行くのだけれど、今回「遠子先輩」の出番が少ない。そこにはいろんな意味があるわけだが、やはり主題になっているので残念だとおもう。
 このままで行くと、次の巻ぐらいで終わってしまうのかなという不安が残った。

「”文学少女”と飢え渇く幽霊」” に対して1件のコメントがあります。

  1. ルーシー より:

    はじめまして、「嵐が丘」で検索してまいりました。
    北イングランドの哀愁のある風景は素敵ですよね。
    やはり「嵐が丘」を思い出してしまいます。
    私も今回ブログでワイラー監督の映画「嵐が丘」について記事にしました。
    よかったら一度いらして下さいませ~ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree