衝動買い購入本「日本以外全部沈没」「高橋克彦の怪談」「刻迷宮」

 本屋で「日本以外全部沈没」と「高橋克彦の怪談」と「刻謎宮」の2巻を買った。衝動買いです。この頃ずっと長編っぽいものを読んでいたので短編がふらっと読みたくなったのと、現在読んでいる「刻迷宮」の1巻が面白かったというのが主な選考の理由になります。
 「日本以外全部沈没」は筒井康孝氏のパロディ作品を含む短編集のようです。「日本沈没」が映画化されてそのパロディも注目されたようです。
 「高橋克彦の怪談」は、本当に何となく買いました。今読んでいる作品が高橋克彦著で面白いとか、短編集が読みたいとかもありますが、高橋克彦氏で始めて読んだ小説が「悪魔のトリル」という短編作品で衝撃が強かったりとか、自分の名前をタイトルにしているのでよっぽと自信があるのだろうとか、沢山入っていてお得そうだとか。実際に高橋克彦氏の作品ってほとんど読んでいないので、どんなものか知りたかったというのもあります。
 「刻迷宮」の2巻は、とりあえず今読んでいる1巻が思っていたのと違う方向へ面白かったので、とりあえず購入に踏み切りました。今まで「高橋克彦」という作家に持っていたイメージ(と言うか偏見)がガラッと変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree