購入:「クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い」「円環少女(サークリットガール)」「南極のペンギン」

 「クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い」「円環少女(サークリットガール)」「南極のペンギン」を買った。それぞれにいろいろといいわけがある。まずは聞いてくれ。
 「クビキリサイクル」はライトノベルとして結構有名らしい。作者の西尾維新と言う人が有名なのかもしれないが、そこらへんの詳しい話はよく知らない。とにかくライトノベルを語るのに避けては通れ無さそうなので、読む事に決めた。読むなら代表作ということでこのシリーズに白羽の矢を立てた。
 「円環少女(サークリットガール)」の購入動機は勘だ。タイトルの文字とそのルビで買うことにした。ストーンサークルとかマジックサークルとかオカルトチックな響きと、円環というどこか機械的な雰囲気を醸し出す単語とが融合しているところに惹かれたような気がする。ここまで来ると内容なんてどうでもいいのかもしれない。ただ単に「言葉フェチ」なだけなのかもしれないと自分でも思う。
 「南極のペンギン」は結局のところ気になったから。以前このブログで紹介したが、恥ずかしながらまだ購入していないことについ先日気がついた。紹介したからにはちゃんと読んでちゃんと紹介しなおさねば、と意気込んでみた。うまく紹介できるかどうかはわからないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree