「クビキリサイクル」

 「クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い」を読み終わった。とりあえず「戯言遣い」という言葉の意味がわからなかったが、タイトルは「クビキリ」と「リサイクル」なんだという事がわかった。
 内容は、主人公が離れ小島で起こる連続殺人の謎を解く。キャラクタの個性が強すぎて、読みにくいところもあったが全体としては素直な推理小説だった。
 面白かったが、期待したほどではなかった。自分の期待のし過ぎかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree