Amazonの事「OTAKUストア」「Best of 2006」「PS3、Wiiのタイレシオ」


 「Amazon.co.jp ホーム: OTAKU ストア(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/289855011?tag2=newsoku00-22)」というものがオープンしていた。
 「Amazon.co.jpが「OTAKU ストア」オープン、関連商品3万点を販売(http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/18/14283.html)」「Amazon、オタク向け商品を揃えた「OTAKU ストア」をオープン-アニメDVDやフィギュアなど3万点以上。漫画の英訳版も(http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20061218/amazon.htm?ref=rss)」「Amazonに「OTAKU」ストア(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/18/news047.html)」とのこと。要はAmazonが作ったインスタントショップって事なのかな?いや、インスタントショップほどギミックが少ないわけではないんだけど。分類も「カテゴリー」「キャラクター」「監督」「おすすめコーナー」などがあり「おすすめコーナー」の中に「メイド」と言うものもある(アマゾン内を「メイド」で検索しているだけですが)。
 今後の改良に期待ですかね。
 「Best of 2006(http://www.amazon.co.jp/b/ref=amb_link_19787606_1/250-4417654-6292263?ie=UTF8&node=289753011)」が発表されていた。
 本の総合ランキングに「げんしけん」や「のだめカンタービレ」「魔法先生ネギマ」が入っていて驚いた。「涼宮ハルヒの憂鬱」も入っていたが上記の漫画より順位が低いのが何とも。
 音楽CDでTV版「涼宮ハルヒの憂鬱」が2枚入っていた。DVDでも「涼宮ハルヒの憂鬱」が入っていたほかに「機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-」がランキングに入っていた。
 思ったよりも知っている作品が少ない気がしたけど、やはりブームと言うものもそんなものかな、と思った。
 「Amazon.co.jpでのPS3、Wiiのタイレシオは異常!?(http://www.famitsu.com/blog/amazon/2006/12/amazonps3wii.html?ref=rss)」とのことだ。「“タイレシオ”とは、本体1台におけるソフトの装着率、つまり、本体を買ったお客様1人が、ソフトを何本買ってくれているか、という数値」だそうだ。やはりネットでの買い物と言うのは、思った以上に多く買ってしまうものなのかな、と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です