電子メモ帳が欲しい

 3年に一度ぐらいの周期で「電子手帳が欲しい」と突発的に思う時がある。大昔は「ラップトップパソコン(今で言うところのノートブック)が欲しい」病だった事を思い出す。ラップトップパソコンのパンフレット片手によだれを垂らさんばかりでした、当時。今はあの当時欲しかったラップトップパソコンより小型で高性能のノートパソコンを所持しています。夢が叶ったんですね。
 よくよく考えると、歳を取るごとに欲しくなる携帯端末のサイズが縮小しているような気がする。仕舞には米粒ほどの携帯端末・・・いや、そんな大きさじゃ操作できないしすぐに無くしてしまう。
 くだらない話はさておき、何度目かの「携帯端末欲しい」病が来ています。で、携帯端末に関していろいろと検索してみたんだけど・・・Palmが没落してザウルスが消え去って、生き残っているのはWILCOM端末とパソコンとの互換の無い電子手帳ぐらい。携帯電話という家電はいろいろな意味で強かったようです。ちなみに、「携帯端末」で検索すると出てくるのは携帯電話ばかり。私の欲しい情報は「携帯情報端末」という名称でした。
 前回の時にソニーの赤クリエを買って使い倒した経験から、携帯情報端末は「手書き」というこだわりができました。手書きの良さはキーボードという余分なスペースを省け、なおかつ直感的な入力ができる事。例えば携帯電話の文字入力は、どうしても慣れない。思ったように素早く入力するためのスキルはそれなりに高いものが必要だと思う。
 もう一つこだわりたいのがUSBメモリ。クリエを使っていてホットシンクという同期の方法でしか移せないデータが沢山あった事が使いにくさに拍車をかけたと思っています。クリエはソニーなのでメモリスティックでパソコンとのデータのやり取りはできましたが、様々な問題があって使いやすいものではありませんでした。かといってホットシンクでのデータの同期は専用ソフトが必要で他人のパソコンにデータを渡せなかったり同期が遅かったりソフトが専用で使い勝手が悪かったりと、将来に期待、と言った状態でした。やはり、データ形式の一般化と個別ファイルでの取り扱い、USBメモリのためのUSBソケットを付けて、データを渡しやすくする、というのは必要なのではないかと思いました。
 後はブルートゥースで携帯電話と連結や、無線LANでのサイトの閲覧およびメールの受送信、PDFやFlashなどの一般化技術への対応など心配りがあると嬉しいですよね。
 ってなことを考えたんですが、まあそんな調子のいいハードウェアーはあるもんじゃなし。というか、上記の通り、携帯情報端末と端的に呼べるものはWELCOMぐらいしかないが、USBメモリも刺さらないし手書き入力でもない。野暮ったい上に電話と一緒になってしまっている。乗っているOSがWindowsCEなのでパソコンとの親和性はまず問題ないだろうが・・・。
 で、いろいろと考えた。手書き入力ができるハードウェアーがあるではないですか。ニンテンドーDSです。そういえばDSでブラウザソフトが出てます。手書き入力できます。専用メモリカートリッジも付属してます。
 じゃあ、ニンテンドーDSでパソコンにデータを移せるメモ帳として機能させるソフトウエアーも可能なのでは?ついでにCVSに書き出すようなスケジュール管理ソフトも付属していたり、カートリッジにUSBメモリが刺せるようなコネクタがついてたりして、ニンテンドーDSのビジネスユースが広がるのでは、と勝手に考えてしまいました。
 誰か作らないかなぁ。

電子メモ帳が欲しい” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 本人 より:

    たのみこむ( http://www.tanomi.com/)を……品化( http://www.tanomi.com/metoo/na……ック( http://www.bandaigames.channel……は「M3 Adapter( http://www.m3flash.jp/M3pd.htm……・・。

  2. 本人 より:

    ということで、「ニンテンドーDS「電子手帳ソフト」の商品化( http://www.tanomi.com/metoo/na……ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree