読書、漫画、感想:「○本の住人」

 「○本の住人」は面白かった。先日の「百合星人ナオコサン( http://
shonenalice.seesaa.net/article/33782085.html)」と同じ作者で、こ
の本も理解を超えたところにありました。こちらの本は強引な性表現は
影を潜め、その代わり不条理が増えています。一見するとタダのシュー
ル漫画に見えます。もしかしたらタダのシュール漫画なのかもしれませ
んが。
 内容は主人公の兄が作家(絵本作家かまんが家かそんなところ)の中
学生の女の子の日常を四コマ風(ストーリーが四コマで完結しない場合
がある)に綴っている。友人に変な外国人風の女の子がいたり、兄の担
当の編集者と学校の先生が友人だったり、って書いてくと何だか普通の
日常をほのぼのと過ごす話のようだが、どのキャラクターもおかしい。
シュールな方向におかしいのだが、完全におかしい部分と微妙にずれて
いる部分の配分が上手いのではないかと思う。この人の作品は説明に苦
労する。
 この手の不条理的作品は同類がいくつも出ているとおもうけど、また
少し違った面白みがあっておすすめできる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree