空気人形、小説、まんが、紹介、女性誌:「CREA (クレア) 2009年 09月号」に小説とまんがの紹介があったので買ってみた。

CREA (クレア) 2009年 09月号 [雑誌]」に小説とまんがの紹介があったので買ってみた。先日の「FRaU (フラウ) 2009年 09月号」の紹介( http://shonenalice.seesaa.net/……せん。
雑誌全体の印象ですが、出版社の違いからなのか前回紹介した「FRaU(フラウ)」よりも数段読みやすい雑誌でした。記事に散漫さも無く、個々の企画自体にも目的意識がはっきりと見えたし、紙面そのもののコントラストもはっきりしていました。構成が違うと似たような企画でも随分と印象が違うと感じました。まあ、詳しく読み解けば似たり寄ったりなんですけどね。
小説とまんがの紹介に関する企画記事ですが、いろいろな切り口での細かい記事が沢山ありました。
●「松山ケンイチ」の取材と彼が出演した映像作品の原作書籍の紹介
●「有名人27人が推薦 私が愛するこの本、このマンガ」という女優、書道家、アスリート、ネイリスト、脚本家、パフォーマー、芸人、まんが家、ミュージシャンが選ぶ書籍の紹介
●「東野圭吾作品ベスト20」は読者アンケートで選んだ東野圭吾作品の紹介
●「ミステリーの匠28人のこの作品を読め!」は作家、ライターの選んだミステリー作家28人の代表作の紹介
●「新世代ミステリー作家直撃インタビュー」は「伊坂幸太郎」「道尾秀介」「辻村深月」「米澤穂信」「初野晴」の紹介
●「読書するケータイ」は携帯電話の紹介(記事広告?)
●「私が武将に惚れる深~い理由」は女性の作家、社会研究者、モデルが戦国武将に関する対談記事(と武将別推薦書籍の紹介)
●「アラサー女子のための「司馬遼太郎」ガイド」は司馬遼太郎の書籍紹介
●「山崎豊子の豊穣なる世界」は山崎豊子を渡辺謙と唐沢寿明が語りつつ作品紹介
●「向田邦子さんに学ぶ凜とした生き方」は向田邦子の生涯と作品紹介
●「キーワードで読む松本清張推理小説案内」は松本清張の代表作品の紹介
●「桜庭一樹「結婚をめぐる物語」」は桜庭一樹の結婚に関する書籍紹介
●「恋愛お悩みシーン20 恋愛小説文庫処方箋」は女性の書店店員が恋の悩みに効く書籍紹介
●「「名作少女マンガ」教室」は女優とマンガ家とマンガ解説者の対談とオススメマンガ紹介
●「マンガでいちばん惚れた男Best100」はアンケートを基にしたまんが全般の男性キャラクター人気投票紹介
●「アラサー女子必読の21世紀マンガ35」は現在連載中のオススメマンガ(と雑誌とマンガ家インタビュー)紹介
●「女子のための「手塚治虫」入門」は手塚治虫紹介
●「エッセイマンガは人生の道標」はエッセイマンガ紹介
いろいろな切り口ですが、この中で読みたいなと思った書籍は「ゴーダ哲学堂 空気人形 (ビッグコミックススペシャル)」でした。ちなみに絶版書籍のようです….orz。紹介文にも「古本屋で見つけた」と書いてありました。
他の作品は「FRaU(フラウ)」に紹介されていたり、あまり食指というか琴線に触れるものではありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree