HYBRD W-ZERO3、予約開始、店頭:「HYBRD W-ZERO3」がWebでも店頭でも予約開始していたのでちょっくら触ってきた。


昨日から「HYBRD W-ZERO3( http://www.willcom-inc.com/ja/……みた。
現在持っているW-ZERO3と比較してやや大きくなった程度で感覚的にもサイズは気にならなかった。閉じた状態からスライドして開くとテンキーが出てくる。テンキーには凹凸があって押しにくいということはなかった。
デフォルトの起動画面はツールバーや時計などが並び、結構使いやすそうだ。
まず、触っていたらすぐに店員から「出荷するバージョンの一つ前なんですよ。出荷バージョンが今朝届いたので間に合わなかったんです」と言われた。「ニュース/2010.01.12 CES でひっそり Windows Mobile 6.5 の最新版がデビュー?( http://windows-keitai.com/?%E3……すね。
次に、スライドを閉じた状態で触っていたのだが、画面が圧力感知でペンを使うと傷つきそうな感じ、画面下のボタンもペコペコしていた。すぐ壊れるんじゃないかと心配になってしまった。操作している最中に傾斜を感知して画面が左右に回転してしまい、見えにくいので戻そうと反対に傾けたり前後に倒したりしたがなかなか元に戻らない(T-01Aの時も同じ経験をした)。本体右のボタンを教えてもらい傾くと画面を戻すというのを繰り返して使った。
デフォルトの画面でテンキーを押す時にツールバーが選択されていればツールバーのスクロールに、そうでなければ電話の呼び出しになっているので、最初のうち操作が戸惑ってしまった。
店員に聞いたところインターネットに接続できるということでIEを立ち上げてみた。iPhoneが普及したせいで表示されるページが縮小されていて見えにくい。そもそも画面が大きくないのに縮小した状態で表示というのが何とも。キーボードが沢山ついているのに画面タッチがデフォルト仕様というのも何とも(OSの仕様なのはわかるが・・・)。インターネット接続速度も、当たり前だけど携帯電話程度(ってことは普通のPC用ホームページ閲覧は結構ストレスかも)でした。
最後に、IEを使っていて十字キーを押したら画面にWindowsで見慣れたポインタの矢印が表示されました。マイクロソフトは迷走しているのか、単なるバグなのかはわかりません。とりあえずIEでポインタが表示されても邪魔なだけな感じでした。
メールソフトを起動させて日本語入力を試してみようとしたのですが。ソフトキーボードはOSデフォルトのままでした。あれだけユーザーからも言われて惜しまれて無くしたミニキーボードの代用がOSデフォルトソフトウェアキーボードとは泣かせます。店員に聞いたら「ユーザーさんが用意してくれるの待ちです」とのこと。「目指してる、未来がちがう。」を新スローガンに掲げたシャープだけはある。某ゲームソフト会社がバグを黙認して人気タイトルを発売して購入ユーザー全員でバグ取りをしたのを思い出しました。
とりあえず実機の写真を撮らせてもらい、ツイッターに気になる点をメモして挙げてその場を去りました。
ちなみに本日発表になりましたが「ウィルコム、支援機構活用 再建へ最終調整、ソフトバンク出資( http://www.nikkei.co.jp/news/m……ク出資 [10/01/15]( http://anchorage.2ch.net/test/……です。
あ、ちなみに発売は1/28だそうです。

HYBRD W-ZERO3、予約開始、店頭:「HYBRD W-ZERO3」がWebでも店頭でも予約開始していたのでちょっくら触ってきた。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 管理人 より:

    「Windows Mobile 6.6は2月発表、7は遅れて来年投入?( http://japanese.engadget.com/2……6-6/)」
    日記中の6.5の最新バージョンは実は6.6かもしれないらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree