Dell ChromeBook11(初期型)のAndroidOSインストールメモ


■動作確認:◎

■機器確認
ChromeBookハードウェアの比較表
発売:2014年4月
メーカー:Dell
モデル:Chromebook 11
CPU:1.4 GHz Intel Celeron 2955U
1.7 GHz Intel Core i3-4005U
RAM:2GB DDR3・4GB DDR3
ストレージ:16GB eMMC
画面:11.6 in(29.5 cm)
SeaBIOS:標準の SeaBIOS にパッチ適用が必須
初見:カスタムファームウェアが利用可能

■Developer Mode(開発者モード)の有効化
Chrome OSをDeveloper Modeで起動する

まずはシステムbashをフルで使うために、Chrome OSをDeveloper Modeにする必要がある。

1.ESC+RefreshF3+POWERを押す。すると、リカバリモードで再起動する
2.“Chrome OS is missing or damaged.“というメッセージが表示されるが、気にしないでOK。この画面で、CTRL+Dを押す
3.“To turn OS Verification OFF”という確認メッセージが表示される。ディベロッパーモードが有効化されるとシステム部分を更新できてしまうので、それでもいいの?という確認だが、Enterを押すとそのままディベロッパーモードでの再起動が始まる。ローカルデータも消去されるが、自分の場合はGoogleアカウントベースで同期している情報がほとんどなのでそのままOKした
4.“OS verification is OFF”という表示がされ、あとは自動的にディベロッパーモードでの再起動が行われる
5.自分のGoogleアカウントでログインする

■SeaBIOS にパッチをあてる
Chromebook11

警告: ファームウェアの RW 部分が駄目になってしまう可能性があります。そのときは、ChromeOS リカバリスティックを使ってリセットしてください。
Dell の Chromebook に載っているバージョンの SeaBIOS は上手く動作しないため、動作するようにパッチをあてる必要があります。

1.Ctrl+Alt+Tでcrosh windowを開いて下さい。
2.shellコマンドでbashシェルを開いて下さい。
3.sudo bashでスーパーユーザーになってください。
4.Wolf: Legacy boot does not workからパッチがあてられた seabios.cbfs をダウンロードして、Downloads に保存します。

5.以下のコマンドを使って SeaBIOS にパッチをあてます:
# cd ~/Downloads
# flashrom -r image.rom
# dd if=seabios.cbfs of=image.rom seek=2 bs=2M conv=notrunc
# flashrom -w image.rom -i RW_LEGACY

■SeaBIOSの有効化
ChromeOSデバイス

1.スーパーユーザーシェルで以下を入力:
# crossystem dev_boot_usb=1 dev_boot_legacy=1
2.マシンを再起動。
3.白いブートスプラッシュ画面で Ctrl + L を押すことで SeaBIOS を起動できます。

「AndroidOS x-86を用意する手順」

■起動ディスク/USBメモリを作成する
Windows PCにAndroid-x86をインストールして再利用する (1/3)

Android-x86は、32bit版と64bit版が提供されているので、インストール先となるPCに合わせて選択すること。64bit対応のPCでも、古いPCの場合、64bit版では正常に起動できないこともあるようだ。そのような場合は、32bit版を利用するとよい。

Android-x86 7.1の場合は、Webブラウザで以下のURLを開き、32bit版なら「android-x86-7.1-r2.iso」、64bit版なら「android-x86_64-7.1-r2.iso」をダウンロードする(64bit版はファイル名に「_64」が付いている)。

Android-x86

USBメモリからインストールする場合は、容量1GB以上のUSBメモリを用意して、フリーソフトウェアの書き込みツール「Rufus(ルーファス)」を使ってUSBメモリに書き込めばよい。

Rufus

■Android-x86をPCにインストールする

Windows PCにAndroid-x86をインストールして再利用する (1/3)を参考に作業する。

まずは、USBから起動してみてのテスト。メニューの一番上を選択。
WifiとBluetoothの動作がおかしいので、いろいろと探してみるものの、見つからず。ChromeBookに戻りBluetoothをOFFにしてもう一度起動すると今度はWifiが繋がらず。

◆USBポートが二つあったので、USBメモリからUSBメモリにインストールしてみたけど、ブートローダーをインストールできず、とりあえず中断。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です