VRヘッドセット_01(事始め)


2019年11月末日、VRヘッドセットを購入。

■必要スペック
https://www.oculus.com/rift-s/?locale=ja_JP#rift-s-pc-requirements
グラフィックカード:NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上
代替可能なグラフィックカード:NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上
(ディスプレイポートが必要)
CPU:Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
メモリ:8GB以上のRAM
ビデオ出力:DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)
USBポート:USB 3.0ポート1つ

■現状のPCスペック
CPU:i3-6100
メモリ:32G
グラフィックカード:NVIDIA GTX 970

ーーーーー
パソコンのディスプレイポートとUSB3.0ポートに接続して、コントローラーの電池を有効にして、オキュラスのソフトやドライバーをインストールして、動作確認をしました。ケーブルの差込などありましたけど、とりあえず問題なく認証。オキュラスのホームアプリとかSteamのホームアプリをうろうろしたり無料のゲームをダウンロードして遊んだり。

とりあえず、3D酔いが凄い。

目的のVchatを起動したところ、動作が重い。重すぎて作業ができない。たぶんCPUがi5以上じゃないと駄目っぽい。

ということで、CPUを付け替えようかなと。いろいろと見たけど、6000番台CPUも中古市場では売れ筋みたい。i7が安くなったら付け替えようと思っていたけど、ずいぶん先の話かも。

もう一つの目的のBeat Saberは快適に動作するけど、Modが動作しない。とりあえず楽曲を増やすModだけにして、いろいろな音楽で楽しむ。こちらもCPUが原因かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です