VRヘッドセット_02(VRChat)


■VRChat問題
ヘッドセットいろいろと試してみて一か月以上たったけど、もともとやりたかったVRChat(https://www.vrchat.com/)が、うまく動作してくれずにいた原因追及に時間が取られた。

症状としてはログインすると画像が荒れて、ほとんど動作しない、というモノだった。起動にも時間がかかるのも気になっていた。

いろいろと調べてみた結果、CPUがi3なのが原因らしい。と言う事で、世代が古いがi5が乗ったPCに接続して試すことになった。本当はすぐに試そうと思ったのだが、本体が置いてある場所が悪く、簡単に引き出せなかったり荷物が沢山載っていたりと面倒な作業が発生するので後回しにしていた。

■スペック
CPU:i5-3570
メモリ:16G
グラフィックカード:NVIDIA GTX 1050 TI

インテル(Intel)CPU性能比較(https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu)を確認すると、i3-6100のスコアが492に対してi5-3570のスコアが624と二割程度の性能差があることに気が付いた。世代が三つ上のCPUだから性能は五分だと思っていたため、テスト候補に考えていなかったが、数字をみてテストする気になった。

■結論:快適に動作
上記のスペックのPCの荷物を退けて背面パネルに配線してドライバー等をインストールして起動、更にVRChatをインストールするところまで結構時間を割かれましたが、動作は問題なく、良い感じで快適でした。
ドスパラのCPUテストのスコア600ぐらいが必要なのかも。

■蛇足:グラフィックボード性能差
グラフィックボード・ビデオカード性能比較ベンチマークテスト(https://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts)によると、GTX970のスコアが352でGTX1050Tiのスコアが261なので、古い世代の二つ上のボードの方が性能が1.5倍程度高い。なので、今回比較した機材のグラフィックボードはやや貧弱。問題はやはりCPUにあった、と言わざるを得ない。

次は、i5-760(スコア350)で試してみるか?これで動けば、CPUスコアよりもスレッド数が重要という結論が導き出せる。が、古い機材はファイルサーバーだし、グラボ載せてないし試すとしたらずいぶん先かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です