LittleBSDとパンヤ(と錬金術、ハイポーション)


 昨日というか今朝、LittleBSDの深夜に行った。湯島氏と名古屋氏と一緒に飲んだ。レッツノートを持っていたので、お酒を飲みながらパンヤというゲームhttp://www.pangya.jp/ad/の講習を湯島氏から受けた。いろんな技とたくさんの攻略知識を授かったけど、さて、生かせるのかどうか。
 今回、LittleBSDのリニューアル後の初めてだったので、恐る恐る小悪魔カクテルを頼んでみた。小悪魔が私をイメージして作ったとのことで、色がどす黒かった。味は不味かった。現在、ファイナルファンタジードリンク「ポーション」(http://www.suntory.co.jp/softdrink/FF/)を使ったイベントをやっていて、インターネット上で「ポーションが不味い」と不評だったので、目の前にある小悪魔カクテルとどちらが不味いか試すために「ハイポーション」というメニューを頼んでみた。
 サワーグラスと特製ボトルパッケージが到着し、開けて注いだ。青い鮮やかな飲み物になった。見かけさわやかだが、味はとてつもなく微妙だった。というか噂にたがわず不味かった。小悪魔カクテルとどっこいだった。湯島氏、名古屋氏とも甲乙つけがたい不味さとの評価をいただいた。
 不味いものをちびちびと飲んでいたのだが、ふとひらめいて小悪魔カクテルとハイポーションを混ぜてみた。色合いは変わらないものの、カクテルとポーションの苦味がお互いに(完全ではないけど)消しあって何とか飲める飲み物が出来上がった。錬金術成功っぽい感じで楽しかった。
 不味い小悪魔カクテルにはポーションを混ぜてみることをお勧めします。
 飲み終わってから、湯島氏と名古屋氏に別れを告げて帰宅した。
 ちなみに名古屋氏はこの後、ニンテンドーDSライトのために並ぶのだとか。ご検討を祈ります。

「LittleBSDとパンヤ(と錬金術、ハイポーション)」への1件のフィードバック

  1. 奇跡の15分で大きな幸せをつかむ事ができます!

    一生懸命やっているのに何故かうまくいかない…。何をやってもうまくいく人もいるのにと、お考えの方!貴方も潜在意識を動かす奇跡の15分で幸せに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です