ニュースサイト「オーマイニュース」


 韓国の市民記者で作る「オーマイニュース(http://www.ohmynews.co.jp/)」というサイトが8月下旬に日本向けに立ち上げられるらしいとのことを、「R25(http://r25.jp/tb.php/id/200607060000
)」で読んだ。詳しい話は良くわからないのでサイトにアクセスしていただければと思うが、韓国では一般メディアのニュースサイトを脅かす存在になっているらしい。国柄なのかタイミングだったのかはわからないが、日本で同じことをやるようだが、勝算はあるのだろうか。
 同系列と言ってもいいと思うのだが、一般のボランティアで作る「ウィキニュース(http://ja.wikinews.org/wiki/)」というサイトが日本に既に存在する。ウィキニュースは一般の専門記者の記事と違って、データが残っていくのが特徴だと思う。新聞社等の記事は時期を過ぎると記事は削除されてしまうという難点があるのだ。また、ウィキニュースは残っていくので追記性も高い。一つの事柄の速報性と長期にわたってのデータの蓄積を行えるという二つの利点が、新聞と雑誌と言う住み分けを一つにしている部分だと思う。
 いろいろなニュースサイトでシステムも違うし比べるのは難しいが、「速報性」という面で一般の人と専門の職業である記者とで明らかに差が出てくると思うが、市民記者がじわじわと優勢になっている韓国メディアはどういう状態になっているのだろうか。そして、日本の「オーマイニュース」がどのような方向性で頑張っていこうとしているのか、注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 少年ありすブログ - WordPress Theme by WPEnjoy