インターネットショップ「Amazon.co.jp2006年 上半期注目ランキング」

 私はAmazon.co.jp(http://www.amazon.co.jp/)で買い物することが結構ある。買いに行く時間を作ったり、予約をしにいったり商品を取りに行ったり、そんなたいしたことがないことをよく忘れてしまうからだ。まあ、不精でトリ頭なんだから仕方が無い。
 で、お世話になっているAmazon.co.jpで「2006年 上半期注目ランキング(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/162025011/249-5556711-6391546)」というのを発表していた。
 書籍の「ベストセラー:総合(http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/R24IZ0IGEMYBN2/249-5556711-6391546)」に「ファイブスター物語 (12)」が入っていたのは驚きだと思う。「涼宮ハルヒの憂鬱」や「マンガ嫌韓流2」は確かに話題になった本なので当然といえば当然なんだけど。
 また「ベストセラー:コミック(http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/R3PL2PNFX55UJK/249-5556711-6391546)」で「きょうの猫村さん」が入っていたのは、やはりネットでの活躍のせいだろうか。
 「ミュージック トップセラー(http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/R18ZXPR5CC63SD/249-5556711-6391546)」では「交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST(DVD付) 」が入っていた。個人的にもエウレカセブンの主題歌は良いものが多いと思っていた。やはり買うべきかも知れない。当然だが「TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」エンディングテーマ ハレ晴レユカイ」と「TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」オープニングテーマ 冒険でしょでしょ?」は入っていた。あれだけ世間様を騒がせたんだから、当然といえば当然だと思う。
 そして、一番笑ったのが「おもちゃ&ホビー 人気商品ベスト20(http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/RIRPHPN3AF5HB/249-5556711-6391546)」の中の「黒ひげ危機一発 レイザーラモンHG」です。皆様、Amazonで買いあさったんですかね。世の中で品切れになったものらしいので、当然かもしれません。
 ちなみに「P:キャラ サクラ大戦 真宮寺さくら」も入っていますが、これ、秋葉原のトライというゲームセンターのUFOキャッチャーに入ってました。ピンキーストリートは好きですが、サクラ対戦は買わなかったなぁ。
 ネットで販売されている商品と店頭での商品と、どの程度違いがあるのかはわかりませんが、リアルとバーチャルの差が出ているのかどうか、興味のあるところです。

仕事中の音楽「AKIRA」

 仕事が単調になると音楽をかけて自分をごまかすわけだが、「Akira Original Soundtrack(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005NZZE/249-5556711-6391546?v=glance&n=561956)」をかけたりしている。
 アマゾンで検索して知ったのだが、私が持っているものは輸入版のCDらしい。確か普通にCDショップで購入したような記憶があるが、現在は絶版のようだ。日本版は「Symphonic Suite AKIRA(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005GXAG/249-5556711-6391546?v=glance&n=561956)」で、今も販売中らしい。曲目も一緒である。
 調べていたら「Symphonic Suite AKIRA 2002(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005S7GM/249-5556711-6391546?v=glance&n=561956)」とか「AKIRA Original Motion Picture Soundtrack(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005Q7XW/249-5556711-6391546?v=glance&n=561956)」といったアルバムも出てきた。前者はDVD-Audioという使用だそうで何だかよくわかんないけど、すごいらしい(苦笑。
 後者はアニメの台詞つきのサウンドトラックだそうだ。ドラマも楽しめるとAmazonのサイトに記載されていたが、実際にどうなのだろう?楽しいのだろうか?
 AKIRAの音楽は私の人生で無くてはならないものの一つだと思う。AKIRAの漫画もアニメも好きだが、自分にとってAKIRAの音楽が一番、印象に残っている。音楽をより引き立たせるアニメなのかもしれない。

銀座でツインテールの体操着

 今朝、銀座歌舞伎座前の道路で青い体操着にブルマの女性二人がビラを配っているのを目撃した。ついでにツインテールだった。サラリーマンは避けて歩いているようで、あんまり効率がいいとは言えないように見えたんだけど。
 朝からそんな格好でご苦労様です。

「時をかける少女」とブログ広告

 「時をかける少女」がアニメ映画になるらしいですね(http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/)。3回目なのかなぁ。最初の映画と、二度目の映画を詳しく見比べたことは無いけど、今回のアニメはどんな出来になるのでしょうか。
 サイトを見ると、ストーリーは原作どおりではないようですね。というか原作で出てきたキャラクターが歳をとって作品に登場しているようなので、後日談っぽい話なのでしょうか?
 それと、昨日ブロッガー試写会(http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/07/post_38.php)というのをやったようですね。新しい試みと言えるのかどうかは不明ですが、相当の自信なのでしょうか?昨日の公式ブログ(http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/07/post_44.php)にトラックバックが貼ってありました。
 「時をかける少女」の第一作と同時期ぐらいの作品で超能力モノと言えば「ねらわれた学園(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005HW76/249-5556711-6391546?v=glance&n=561958)」なわけですが、Amazonのカスタマーレビューには散々なことが書いてあります。原作は良かったのにとか、歳を経て改めて見るとがっかりとか。リバイバルするなら、こういう作品をもっと素晴らしいものにすればいいのにと思わないことも無いです。まあ、難しいからみんな手をつけないんだと思うんですけどね。