ポケモンスタンプラリー2006と子供用Suica


 ここのところ毎年注目しているポケモンスタンプラリー(http://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/)が今年もそろそろ始まるようだ。具体的には7/29(土)から8/13(日)までとのこと。去年も秋葉原駅の電気街改札口前に親子連れが列をなしていたが今年は何処にスタンプが置かれるのだろうか。ヨドバシカメラが強いのか、東京アニメーションセンターが強いのか(苦笑)。
 今回、サイトを見て驚いたのが、「ポケモン」オリジナルSuicaイオカード発売と、Suicaを使ってポケモンがゲットできるというイベント。まあ、どちらもお子様向けなわけだが、よく考えると切符機能としてのSuicaって子供が使えるものなのだろうかとふしぎに思った。
 Suicaのシステムは、カードに課金されている金額から改札口で自動的に料金を引かれる。今までの切符の代わりをするカードも同じようなものだったと思うのだが、自動改札がどうやって「大人」と「子供」を判別するのかという謎が残る。
 検索したりサイトをよく読んだりしたところ、子供用のSuicaは無いようだ。「Suicaイオカードで自動精算する場合には、大人普通運賃で精算されます。お子様がご利用の場合は、あらかじめ自動券売機等で小児用乗車券をお買い求めください。」とのこと。関西の自動改札カードには「こどもICOCA」というのがあるらしい。せっかく子供が参加できるイベントなんだから、子供用も用意してくれてもいいのにと思う。
 確かICOCAは東日本でも使えるはずだから、「こどもICOCA」を手に入れれば、東京でも使えるのかな。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2021 少年ありすブログ - WordPress Theme by WPEnjoy