今熱いアニメ「涼宮ハルヒ」と「時をかける少女」はどちらも角川

 今、アニメが熱いようだ。「角川エンタ、アニメ「涼宮ハルヒ~」DVDが驚異的な売上げ(http://www.eiga.com/bunkatsushin/060829/index.shtml)」と時をかける少女のブログで「テアトル新宿の記録更新をしたらしいという話(http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/08/post_92.php)」という記事が話題になっている。
 「涼宮ハルヒ」は落ち着いたと思っていたが、実はそうではないようだ。DVDを購入した人口は、やはりオタクなのだと思う。「涼宮ハルヒ」のDVD発売前後は秋葉原で、例の歌が鳴り響いていた。
 「時をかける少女」に関しては何の噂も聞かなかっただけに、突然の記事に驚いた。慌てて調べてみると、内容の評価も高いようだ。ティアトル池袋のレイトショーのイベント(http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/09/post_94.php)の様子もレポートされていたり、都内での上映館が増えたりしている。
 なかなか面白いのはどちらも角川だということだ。今までの歴史が見せる底力なのかもしれない。

これはカレーに見えない「Coco一番屋 全種類トッピング」


 Coco一番屋というチェーン店のカレー屋がある(http://www.ichibanya.co.jp/)。そこではカレーに好きなメニューをトッピングできる。私はほうれん草をトッピングすることが多い。サイトのメニューを見ていただければ、何種類、どの程度トッピングできるかわかるだろう。
 まあそういうことだ。

美少女ゲームのゲーム性

 ITmedia Newsの「美少女ゲームは「ゲーム」なのか(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/30/news096.html)」を読んでいて、ふと、昔の話を思い出した。
 ファイナルファンタジーとドラゴンクエスト。今でこそ同じ会社だが初期は二つの全く志向性の異なる会社で開発されていた。当然RPGファンも二派に分かれていて、一方がもう片方のゲーム性について唾棄しあっていた。
 その時、ドラゴンクエストファンがファイナルファンタジーと言うゲームを「ストーリーに分岐が無くやらなければいけないミッションが次々と提示されお仕着せがましい、ストーリーを自慢するだけのゲーム」と言っていた。
 そんなことをふと思い出した。あの当時はインターネットも無かったし、ゲームが好きな人のコミュニティーなんてそれほど広がるようなことは無かったころのこと。情報は主にゲーム雑誌と友人との交流と攻略本。そんな時代だった。
 今までにいろいろなゲームの栄枯盛衰があったと思う。そんなゲームを見ていて思うゲームの定義は、インターフェイスを含めてプログラミングされたソフトだとおもう。インターフェイスは外部に依存し、コンテンツだけを制作するのは、サウンドノベルとか、ネットマンガとか、ネット小説とか、まあそう言われる物だと思う。
 と言う意味で、今はサウンドのベルにしてもネットのマンガにしても定番のインターフェイスが無い。だからゲームとの境目があいまいなのだと思う。

「OhmyNews」創刊

 Webニュースサイト「OhmyNews(http://www.ohmynews.co.jp/)」が8月28日に創刊した。結構な数のニュースが毎日届いているようだ。記事の内容に関しては、「ニュース」と「ネタ」と「不採用」に分かれているようだ。ニュースとしては採用できないけど、不採用と言うわけではないものが、「ネタ」の中に入ってくるようだ。
 ところで、オープン早々、2ちゃんねるとひと悶着あったようだ。「2ちゃんねらーに釣られたオーマイニュース編集部 (http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000000240)」という記事がOhmyNewsの記事になっていた。コメント欄も荒れているので、そこら辺を期待している人は是非どうぞ。
 私自身は嫌韓なので多少の偏見もあるかと思うが、2ちゃんねるの嫌韓派とOhmyNewsはどっちもどっちだと思う。OhmyNewsの方がやや上手という感もあるが、単純にアクセス数を稼ぐのに、2ちゃんねる頼みというのも情けない話だ。

「ガチャピン日記」継続っぽいよ

 昨日の「ガチャピン日記(http://gachapin.fujitvkidsclub.jp/)」に、「みんなの応援コメントがうれしくって、まだまだがんばることにしました。」と書かれていて一安心しました。続けていくみたいですね。頑張ってください。
 ってことはコメントが無くなったら止めってことかな。
 もう一つ、フジテレビはネット上の大きな武器を手に入れた、と思う。

8月のサイトアクセス集計結果

 9月に入ったので、8月のアクセス集計結果をつらつらと書いてみたいと思います。
 まず、アクセストップ3は「メイドカフェマップ作成( http://shonenalice.seesaa.net/article/19118611.html)「2ちゃんねるのええ話「てんこもり。」が発掘した「【過激】知的障害者の女とのセクス」、でもやっぱり2ちゃんねる。(http://shonenalice.seesaa.net/article/22773200.html)」「極楽トンボ-山本圭一とYouTube(http://shonenalice.seesaa.net/article/21249979.html)」となりました。てんこもり。さんのサイトは2ちゃんねるの話題なのにいい話ばかりで、読んでてなごみます。お勧めです。
 いろいろとサイドにコンテンツパーツをくっつけて見て遊んでいます。その中で、「サイト売買価格ランキング(http://ranking.sitecatcher.net/)」は9月1日時点で¥26,260でした。「暮らし・趣味」というジャンルで「第21位」で、総合ランキングでは100位以下でした。この値段の算出方法がわかればと思ったのですが、なかなかうまくいきません。とりあえず、日々上がっているので、日計のアクセス数を基準にしているわけではないようです。
 以前からよく話題にしていた「ブログランキングドットネット(http://blogranking.net/blogs/16380)」ですが、サブカテゴリー別で11~15位をふらふらとしています。サイトのアクセス数と照らし合わせて見ると、ページビューよりユニークアクセス数を基準にしているようです。
 そして、このブログ付属のアクセス解析の正確さが知りたくて付けてみた「i2i無料レンタルWebパーツ(http://www.i2i.jp/)」のアクセスランキングですが、GoogleとYahooはBlog付属のアクセス解析とほぼ同数を出しました。まあ誤差があるのですが。ところが、他の検索サイトからのアクセス数がばらばらでいいかげんです。集計方法の違いがあるのだと思うのですが。
 一ヶ月前にこのブログに掲載した「7月のサイトアクセス集計結果(http://shonenalice.seesaa.net/article/21809448.html)」と比較してみたが、「秋葉原」とか「メイド」とか「メイドカフェ」「コスプレ」が上位に来ているのは変わらず。次が「極楽トンボ」「山本」「極楽トンボ山本」と言う単語も先月どおりでした。
 今回は「メイド服と機関銃」が上位に入りました、瞬間風速的な現象だと思いますが(http://shonenalice.seesaa.net/article/22211507.html)。もう一つ、「キラキラアイドルリカちゃん」も上位に来ました(http://shonenalice.seesaa.net/article/22615118.html)。記事のアクセス数だと「りかちゃん」が上なのですが、検索数だと「メイド服と機関銃」が上位となっております。ってことは、ここを読んでいる人は「りかちゃん」ネタが読みたいって事かなぁ。ちなみに前回健闘した「涼宮ハルヒ」と「鉄扇」は下位になっていました。そろそろ旬を外れたということでしょうか。
 小ネタですが。ブラウザー別アクセス数で、バージョン違いを含めて41種類もあったのには驚いた。世の中はブラウザーで溢れているんですね。Webデザイナーの方は苦労されているかと思います。
 ブラウザのアクセスランキングの中で、「不明」という項目が2位に入っています。サーバー側で判別できないということなんだと思います。詳しくわからないが、携帯電話からのアクセスでしょうか?