アンチウイルスソフトってこんなにあるんだ、と驚いてみる

 「アンチウイルスソフトウェアランキング、最強はどれ?(http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060905_antivirus/)」という記事が話題になっているようだ。58個のアンチウイルスソフトを試してみたらしい。「14万7184種類のウイルスを用意し、各社のアンチウイルスソフトウェアの設定をデフォルトではなく、機能の許す限り「最高」の防御レベルにまで引き上げた上で実験した結果」とのこと、お疲れ様です。
 ウイルスに関してはインターネットに接続しているかぎり、常に付きまとう危険だ。実際に悪質なサイトを覗かなければ、とか、不用意にメールを開かなければ、とか、まあいろいろとあるわけだが、実際にウイルスは新しいものにバージョンアップして方法を変えて襲ってくるのだから、ウイルスに対して自分を常に磨いていくか、もしくは、パソコンがウイルスにかかったらデータも全て消去して再インストールするかという選択にいずれはたどりつく。それまでに、常時データのバックアップを取ったり、ウイルスの情報を仕入れたりと言った予防もある。
 以前の日記で紹介したが(http://shonenalice.seesaa.net/article/22008253.html)私のパソコンには現在「ウイルスセキュリティZERO」が入っている。とりあえず動作しているようで、たまにバージョンアップがあったり、進入をブロックしたりしている。ちなみに、「アンチウイルスソフトランキング」に入っているのかな?

あなたは今の仕事で満足してる?――転職しまくり「FFIII」で職人を目指す、らしい

 「あなたは今の仕事で満足してる?――転職しまくり「FFIII」で職人を目指す(http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0609/08/news007.html)」という記事を読んだ。「ファイナルファンタジーIII 」の職業を中心にしたレヴューで、読んでいて楽しかった。私はFF3をやりこんだことは無かったし、随分昔の話で以前のFF3との比較も参考になった。
 とりあえず、記事の後半に出てくる「ロハスパーティー」の話がうけた。自分もやってみようかなと思うぐらい面白そうだった。

「ハルヒ」「男前豆腐」に見る、ブログ時代のヒットの条件、とは

 「「ハルヒ」「男前豆腐」に見る、ブログ時代のヒットの条件(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/07/news086.html)」という記事を見つけた。「涼宮ハルヒの憂鬱」も「男前豆腐」もブログで広まったそうだ。実際にブログが大きな力を果たしたとは思うが、どれほどのものなのかなぁと私自身は疑問に思っている。
 記事を引用すると「男前豆腐とハルヒの共通点は、(1)商品・作品のクオリティの高さ、(2)「他人に話したい」と思うネタの濃さ」だという。それはまあそうなんだと思うが、だからと言って、新しいビジネスモデルと云えるのだろうか。
 今までも2ちゃんねるの口コミ効果で広まったものは沢山あるし、Webで話題になって成功したものもある。ただ、Blogがあることで、リアルタイムで情報発信ができるようになり、スピードは上がったと思う。ただ、2ちゃんねるもブログもリアルタイムで書き込みできることは変わらない。あえて言うならRSSがあるかどうかぐらいだ。
 RSSがあるとどの程度違うかといえば、RSSリーダーとRSSを使った検索サイトがあることぐらいで、今のところたいして違いは見られない。これからWeb2.0が進化していけばわからないが。

「×××HOLiC」

 「×××HOLiC」という作品を読んだ。ケーブルテレビのアニメチャンネルで放送していたアニメ版を先に見ていたので、なんとなく話の流れは掴めていた。面白そうだと思い読んでみたのだった。
 主人公は高校生だと思う。四月朔日(わたぬき)という名前だ。幽霊などが見えてしまうという悩みを持っている。ふとしたことで、壱原侑子の店に足を踏み込んでしまう。その店は何でも願いをかなえるという店で、四月朔日は自分の悩みを解決してもらうかわりに、アルバイトをすることになったのだった。
 この作品は一部を「ツバサ―Reservoir chronicle」と共有している。モコナという妖しげな生き物がいるのだが、今回は白と黒が出てくる。など、いろいろなギミックがあるのも楽しい。
参考
TBSアニメーション「xxxHOLiC」公式HP(http://www.tbs.co.jp/holic/)
Wikipedia「XXXHOLiC」(http://ja.wikipedia.org/wiki/XXXHOLiC)

最速で競う?ブログ検索「NAMAAN」「Ask.jp : ブログ検索」

 ブログ検索の方向性の一つとして、Pingサーバーの可能性があると思う。つまり、更新した情報を自動的に検索サイトへ送るのである。これにより、リアルタイムに近い形で、ブログの情報を収集することができるようになる。つまり、旬のネタが検索できるわけだ。
 これらの速報性を売りに出しているのが「NAMAAN(http://www.namaan.net/)」と「Ask.jp : ブログ検索(http://ask.jp/blghome.asp)」という検索サイトだ。
 どちらのサイトも、最速で1分という数字を出しているようだ。一分前に書かれたブログの内容を検索できると言うわけだ。まあ最速という事なので、もう少し時間がかかるとは思うけど。
 検索が早いという売り文句は「Google」を思い出す。今でもそうだが、検索にかかった時間が右上に表示される。Googleの方向性というのは、Googleの広がりを見ればわかるように、間違っていなかった。
 ただ、ブログ検索の場合、それが売りになるのかどうか・・・。