「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」


 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を読んだ。面白かったと思う。気持ち悪かった。途中まで、クトゥルフ神話をベースにした小説の方が受けるんじゃないかとさえ思った。
 内容はアマゾンのカスタマーレビューを読むと良いと思う。私もカスタマーレビューを読んで、読んで見ようと思って購入した。エッセンスだけを抽出すると「転校生の学園モノ」「美人で変人」「ヒキコモリ」「グロテスク」かな。
 途中まで相当キモチワルイ感じだったのだが、158ページあたりから突然、普通になる。あんまりにも普通すぎて感動の涙が引いてしまった。そしてそのまま突っ走る形でエンディングまで行ってしまう。
 でも、この作品はこれで良いんだと思う。ライトノベルだからと言うのではなく、主人公が中学生だから。内容も十分面白かったし、エンディングも納得できた(担任が突然かっこよさげになるところが微妙といえば微妙)。
 まあ、クトゥルフのライトノベルも面白そうだけど。

フォロお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です