話題になっていること「アニメ赤字」、「有名な写真」、「凄い漢字」


 「GDH:DVD売り上げ不振で3月期は赤字に(http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/11/gdhdvd3.html)」とのニュースが2ちゃんねるで取り上げられて話題になってます。「DVDが売れず、赤字になったのはYoutubeとWinnyのせい(GDH談) (http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/859375.html)」を読むと、まあ、言いたい事は良くわかる。私は20年以上前から角川アニメのファンだったりするので、今回「ときかけ」と「ハルヒ」がヒットして底力を見せた角川アニメと思っているけど、それに対して他のアニメは原作選定の段階から「微妙」というか「駄目っぽい」とは思っています。例えば「ブレイブストーリー」とか。宮部みゆき氏にファンタジーを書いてもらったって、小野不由美氏以上の地味な作品しか出てこないのはわかりきっていたし、中途半端なゲームっぽさがバリバリになるのはわかりきっていることだし。だったら宮部氏に時代物を書いてもらって、テキスト変換で洋風にして、「ファンタジー」として売り出したほうがまだ良かったのではないかと。と言うか、作品の選定基準が大いに間違ってますよ。たぶん。
 「世界でもっとも有名な写真60枚(http://www.popxpop.com/archives/2006/11/post_37.html)」というページがあった。知っているものも多かったが、知らない写真や動画があるのもショックだった。「モハメド・アリ×ソニー・リストン」とか。
 そういえば先日、某所で「1969年9月にリリースされた11番目のアルバム「Abbey Road 」のジャケット」の事を知らない人が居たので説明しようとして苦労した。若い人は結構知らないかもしれない。
 「凄い漢字(http://www.geocities.jp/f9305710/henkanji.html)」には、本当に凄い漢字が載っている。ってかこんな漢字があるのか?よく調べたというか、何と言うかどうやって書くのか知りたいぐらいに書き順が不明なものもばり。
 にしても「沈魚落雁閉月羞花(http://www.geocities.jp/f9305710/Home.html)」と言うサイト、相当雑学が詰まってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2021 少年ありすブログ - WordPress Theme by WPEnjoy