話題:「花粉症対策食品アナライザーショック」「携帯族の増加」「写真屋無料」


 「花粉症対策食品で一時意識不明、厚労省が因果関係調査(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000116-yom-soci)」だそうだ。「女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているという」ということなので、ひとまずは良かったようだが、一般販売している食物が引き起こしたというのが問題っぽいです。ちゃんと検証した食品だったのかなぁ。
 「パソコン見放す20代「下流」携帯族(http://facta.co.jp/article/200703060.html)」だそうだ。「第二のデジタル・デバイド出現。パソコンは30~50代限りで、高機能携帯でもう十分」とのことだが、高機能携帯もブラウザがPC化しつつあって、PCのブラウザはより高機能化を目指しているものの、なかなかサービスが浸透していない部分が多い。
 今後の動向として、高機能なPCブラウザのユーザーに受け入れられた機能を携帯電話に特化した形で少しずつ高機能化していくと思われる。Flashが使えるようになっていくのが今のところのトレンドでしょうか?
 「アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ–無償版として提供予定(http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20344303,00.htm)」だそうだ。ウェブアプリもだんだんと加熱した市場になっていく様子です。フォトショップ(写真屋)は限定版のバンドルソフトから始まって、ずいぶんと一般PCにインストールされてきたけど、ネットで無償で提供されるとなると、また更に広がるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です