通販、本、比較:「アマゾンとセブンアンドワイ」


先日、アマゾン(http://www.amazon.co.jp)とセブンアンドワイ(http://www.7andy.jp/)で同時に書籍を購入した。同じ本ではない。二カ所に分けた理由は、セブンアンドワイで在庫がなくてすぐに発送できないらしい書籍を、アマゾンで調べたところ在庫ありだったので、二カ所で購入という運びになった。アマゾンではカード引き落としの購入をしているが、セブンアンドワイではコンビニ引き渡しにしている。コンビニ引き渡しの利点は送料がかからない事、家を開けていても確実に24時間引き取れる事が上げられるかもしれない。また、カードの場合、限度額まで買い物をしてしまうと、それ以上の買い物はしばらく無理になるのだが、コンビニ引き渡しは現金やり取りなので、お金さえ持っていれば購入可能だ。
と、まあ、お互いに長所短所があるわけだけど、同時に注文した商品、それも在庫があるものなのに、手元にたどり着くまでの時間がアマゾンの方が早い。アマゾンは発注した次の日に手元に商品が到着していた。セブンアンドワイは3日はかかっている。これは結構気になる。
こうなったのには幾つかの条件が考えられる。一つには、発送方法が全く異なるということ。アマゾンは自宅に直接送り届けるので、宅配業者のうち最速のものを選択できるが、セブンアンドワイの場合、コンビニに在庫商品を運ぶという独自の輸送経路を活用する事を目的としているので、輸送という面に関して融通が利きにくい、かもしれない。
また、上記で発注の次の日に届いた商品というのが、アマゾンのカートの中で「今は買わない」という欄にずっと入っていた商品であった。アマゾンで商品を買うにあたって1500円以上にしないと送料がかかるため、ずっと買おうか迷ってカートに入れっぱなしにしていた商品の一つを引っ張りだして付け加えたのだが、その引っ張りだしてきた商品だけが(在庫ありの商品ばかりを選んだにもかかわらず)先に届いてしまったのは、たぶん、アマゾンの倉庫内でのやり方があるのだろうと思われる。
とりあえず急いで購入するならアマゾンというのはあるのではないかと思う。「お急ぎ便」というオプションサービスもあるわけだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です