CMS、携帯電話、RSS:「Xoops病再来」


先日「SNS、フリー、CGI、メイドさん:「メイドさんSNSを作ってみた」(http://shonenalice.seesaa.net/article/117531573.html)」でも書いたとおり、SNSのフリーのCGI「OpenPNE(http://www.openpne.jp/)」を自分のサーバーに設置していろいろと実験していたのだけれども、Mixiに似ているSNSという意味では機能が高いし携帯電話でもアクセスができて動作が軽いと、悪いことは無いのだけれど、カスタマイズというか欲しい機能が無いというのでとりあえず放置した。
で、CMSの中で携帯電話に親和性が高くてレンタルサーバーに設置できてフリーというものを再び探してみた。サーバーに専用ソフトをインストールしなければならないものと有料のものを省いたところ、三つが候補として残った。一つは「NetCommons(http://www.netcommons.org/)」というフリーのCMSの「携帯モジュール(http://www.netcommons.org/nc_manual/japanese/mobile/manual.html)」、残りふたつは、「Xoops(http://xoopscube.jp/)」の携帯用表示モジュールでした。「HypCommonFunc(http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/156.html)」というモジュール。
もう一つが「WizMobile(http://www.gusagi.com/modules/blog/index.php?cid=8)」は「ホダ塾ディストリビューション(http://www.hodajuku.org/)」というxoopsにいろいろと最初から組み込んだ状態で配布することでよりストレス無く活用してもらうというパッケージの中にも組み込まれていました。
とりあえずずっと前にXoopsをインストールした経験があったので、インストール後に携帯用モジュールを組み込んでみたのですが、どうにもうまく行きませんでした。
原因はわかりませんが、どちらも「XOOPS_TRUST_PATH」が必要なところがうまく行かなかった原因かもしれません。
「NetCommons(http://www.netcommons.org/)」はちょっと機能が少ないのでもう少し調べてから導入するかどうかを決めようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です