RSS、流行遅れ、コンテンツ、サービス:現在の「RSSサービス」は流行らないのか

先日からCGIをいじりながらRSSの検索をしていたけれど、一時、Web2.0が騒がれた時、もしくは、ブログがもてはやされた時、もっと言うならRSS1.0が策定された時にRSSという形式が騒がれた以外では、RSSって何時までたっても表舞台に出てこない形式なのだと改めて気がついた。CSSの方がよっぽど知られていると思う。
RSSという形式は、HTMLの進化したXMLを使ったコンテンツをまとめる役割を持っている。RSSはRSSリーダーというソフトが無いと読めない(HTMLにはブラウザが必要なように。この頃のブラウザはRSSも読めたりするが)。RSSはブログやSNSやCMSやTwitterなどには標準で装備されていることが多いが、掲示板やチャットにはついていないことが多い。もちろんサイト構築ソフトで作ったサイトにRSSが自動的に付いてくることはほぼない。そして検索サイトで検索した時にはRSSのデータを参照していたとしても、RSSそのものにアクセスさせることはない。
RSSはプログラムに優しい。RSSは見栄えより形式重視。RSSは手書きで作るのが面倒。
では何に使えるかというと、「検索エンジン最適化(SEO)」なのだ、ということらしい。企業のサイトにRSSを設置すれば検索エンジンは、そのRSSを活用してより的確に検索結果に反映させられる、という事になる。
まあ、ブログが持て囃された一つの理由でもあるので、嘘ではないと思う。
RSSのサービスの中で「レッドクルーズ(http://www.redcruise.com/)」と「RSSナビ(http://www.rssnavi.jp/)」は世の中のRSSを集めて分類して紹介、検索などを行うサイトだ。他にも似たようなサイトが在りそうなものだけれど、日本語のサイトは他に見当たらない。RSSを探すならここに頼ることになる。
実際にRSSで読みたいのにRSSを提供していないサイトがあった場合は以下のサイトが有効になる。
「MYRSS(http://myrss.jp/)」「なんでもRSS(http://blogwatcher.pi.titech.ac.jp/nandemorss/)」「Goo RSS作成(http://fm.goo.ne.jp/)」「無料RSSファイル自動作成ツール(http://bitspicy.jp/websystem/demo/rss/)」 「page2rss(http://page2rss.com/)」「Feed43(http://feed43.com/)」
これらは特定のサイトの情報を読み取って、勝手にRSSを作ってしまうというCGIのサイトだ。使い方はそれぞれのサイトに記載されているのを参考にしていただければと思う。
RSSリーダーはWeb上のもの、ローカルのもの、様々なOSにより無数にあるので、検索して自分にあったものを見つけると使い勝手が良いと思う。ちなみに、私は以前までiGoogleのRSSリーダーを使っていた。結局のところ目的にはそぐわなかったけれど、使い勝手は悪くなかった。
最後に「RSS道(http://rss-do.com/)」というページがあるので、わからないことは参考にしてください。
RSSが流行るのかどうか、もしくは流行っているのかと聞かれれば、そうではないと思う。理由は、RSSが無くなっても誰も慌てないし、多くの人が気がつかないからだ。しかし、活用され根付いては来ている気がする。活用次第で面白いサービス展開ができそうな気がするけど、なかなか難しい。

献血、秋葉原、駅前、近未来:「秋葉原献血ルーム」が10月1日にオープン


秋葉原の献血ルームが10月1日にオープン(http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/tmpfile/akibaf_pr0910/akibaf_pr0910.htm)するらしい。サイトを見ると近未来チックですごく行きたい。
今まで血を抜くと気を失うので献血は敬遠してました。しかし行く価値はありそう。

Wii、YTJocky、WindowsMobaile6.5、FlashLight3.1:Wiiの「インターネットチャンネル」がバージョンアップしたこととYTJockeyのボーかロイドの曲を並べ替えてみた。

先日、Wiiの「ショッピングチャンネル」を開いたら「インターネットチャンネル」がバージョンアップしていた。早速アップデートした。
説明によるとFlashプレイヤーがFlashLight3.1になったとのことだった。
モバイル系のOS、WindowsMobaileも現在、最新のブラウザーはFlashLight3.1をサポートしている。このFlashLight3.1は説明によるとFlashPlayer8に相当するとのこと。モバイルも追いついてきたと見るのか、最新のFlashには追いつけないのか、と見るか。
とりあえず、身近なところではYouTube垂れ流しの「YTJocky(http://ytj.soyade.com/sel_play.html?sid=220)」がFlashLight3.1で正常な動作をしない。再生までは可能だけど、次の曲に自動的に行ってはくれない。
逆に、YouTubeの公式サービスの「YouTubeXL(http://www.youtube.com/xl?gl=JP&hl=ja)」はWiiでたまに連続再生してくれたりする。詳しい仕様は見ていないし調べてないからよくわからないんだけど。
WindowsMobaileも同じバージョンのFlashPlayerをサポートしているということは、モバイルでYTJockyが連続再生できないということか….orz
ところで、このブログで紹介した曲を登録しているYTJockyのボーカロイド他のリストの並び順を変えてみました。自分の好きな順番にしてみたのもありますが、新しく紹介した曲をできるだけ先頭に持ってきてみました。
新しい曲を登録するときにどうしても最後尾になってしまうのがどうにかなったらうれしいなぁ。

Vocaloid、ぼからん、101、102:ランキングで気になる曲「捨猫Russian Blue」「Harvest」と「自爆」


【鏡音リン】捨猫Russian Blue【オリジナル】

“Kagamine Rin” Harvest
週刊ボーカロイドランキングの101「Weekly Vocaloid Ranking#101(http://www.youtube.com/watch?v=riHa7Eg7hEI、http://www.youtube.com/watch?v=4b8M2JDYhqA、http://www.youtube.com/watch?v=Muivru4W2Gc)と102「Weekly Vocaloid Ranking #102(http://www.youtube.com/watch?v=NdavvxxzyyM、http://www.youtube.com/watch?v=zyPvOhJ7Iwo、http://www.youtube.com/watch?v=a6isBXVsYR4)を見ていていいなと思った2曲です。
「【鏡音リン】捨猫Russian Blue【オリジナル】(http://www.youtube.com/watch?v=Yw5i4XM6vL0)」は曲もいいんだけど、動画のネコミミのパーカーにやられた感じ?
「”Kagamine Rin” Harvest(http://www.youtube.com/watch?v=n1FF3yKzNmY)」はありがちなのかもしれないけど、異国情緒のダンス音楽に私が弱いのかも。ファイナルファンタジークリスタルクロニクルのクリスタルが溜まった時の焚き火を囲んだ時に流れる曲とかね。
それと、ぼからんとは関係ないんだけど、「【鏡音レン】自爆【オリジナル】(http://www.youtube.com/watch?v=KBu37O1P6Xs)」という曲を見つけた。ラップ?なのかな?結構耳につく曲です。

【鏡音レン】自爆【オリジナル】

RSS、携帯電話、汎用性:携帯電話でも読めるRSSリーダーを設置してみる

BoysAliceRSS(少年アリスRSS)(http://a.lice.jp/)というページを作ってみた。いろいろなプログラムを組み合わせて改造した。テキスト情報のみのため、携帯電話からでも特に変換をしなくても問題なくアクセスできる。
元々は携帯電話でカスタマイズができるRSSリーダーが見つからなかったために、何とかしたいと思っていた。以前にこのブログにも書いたと思うけど、GoogleモバイルのiGoogleは一画面に入るテキスト量が制限されていて非常に使いづらかった。ページの更新や「もっと読む」ページ、さらに最大でも10タイトルの制限。まあ無いよりは、といった程度の使い心地をどうにかしたかった。
いくつかCGIの候補はあったものの、試した段階でいろいろとトラブルがあったり、思うように改造できなかったりということで現在の形になりました。
テキスト量が多いため、携帯電話で読み込むときにやや時間がかかるものの、結構な量があるので読み応えはたっぷりです(笑)。

まんが、少年、山下和美、現代、歴史:「不思議な少年」

不思議な少年」を読みました。何とも言えない感動する話でした。基本的には不思議な少年が出てくる短編集です。
今は、「不思議な少年 7 (モーニングKC)」まで出ていて、月末に「不思議な少年 8 (モーニングKC)」がでるとのことです。
ストーリーは古代ギリシャだったり、中世ヨーロッパだったり、日本の戦国時代だったり、現代だったり、特に時系列になっていることもなく様々な種類の話が載っています。
ひとが苦悩する姿を少年がみとって行く話し、なのかな。今後、続巻が出るのでどんな展開になるのか楽しみです。
何だか中途半端な紹介ですが、すごくオススメのストーリーです。



ロケット、打ち上げ、JAXA:明日11日2時01分46秒、H-IIBロケット試験機の打ち上げ

明日の早朝に種子島でH-IIBロケット試験機の打ち上げがあるそうです。
JAXAのホームページ(http://www.jaxa.jp/countdown/h2bf1/live/index_j.html#web)からライブ中継を見ることができる(1:30~(放送時間約1時間))とのこと。
久しぶりの打ち上げで、ちょっとうきうきしています。

科学、時間、エントロピー、ソーカル、知の欺瞞:「時はなぜ一方向なのか」「ソーカル事件」

「【物理】時はなぜ一方向なのか-観察者問題から説明(http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1252294821/)」という記事があったので読んでみた。
とても難しく書いてあるけれど、要するに「閉鎖された相互作用のある世界の中にいて時間を戻すということは記録も戻すということになるので、時間を戻したとこが認知されない」ということ。
もっと簡単に言うと「時間を戻すとあったことを忘れるから戻したことに気がつかない」という事で、長々と論文に書くほどの事かなぁと疑問に感じました。
あえて可能性を感じるならエントロピーが不可逆で時間も不可逆だということを結びつけた点でしょうか。
で、この記事の中で「ソーカル事件」という話題が気になって調べてみました。
「ウィキペディア:ソーカル事件(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6)」
「ソーシャル・テクスト事件からわかること、わからないこと(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/norettaJ.html)」
「きみはソーカル事件を知っているか?(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/Hori.html)」
「ソーカル事件と『知的詐欺』以後の論争(http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/Sokal/index-j.html)」
「ソーカル事件」とは要するにソーカルという物理学者が適当な数式を使って擬似哲学論文をでっち上げ評論雑誌に送ったところ、掲載されてしまったという事件のこと。掲載されたと同時に論文の内容が偽物であるとソーカルが発表し現代思想の批評として使った。ちなみに1994年の話なので15年も前の事件だ。
権威とか肩書きとか複雑な数学理論とか難しい言い回しの特殊用語とか、人は未知なものに騙されやすい。宗教だったり、新製品だったり、マニュフェストだったり、似非科学論文だったり、某掲示板のスレッドだったり、このブログだったりするわけだけど、文字や数字や計算式などの記号のかたまりは無駄なものが付きまといやすい。
本来は、ある論理が正しいかどうかを学者が精査する社会的役割を担っているのだと思う。新製品の効果が正しいのかどうか、マニュフェストで主張していることが本当に実現可能なのかどうか、等は純粋な利害関係の無い視点からジャッジがされるべき事柄で、「やってみれば結果がわかる」的な事が危険な場合もある。
ところが、ジャッジする学者が信用がならない、としたら、何を信じていけばいいのか。大風呂敷を敷くのなら、「ソーカル事件」とはそういった学者のシステムに問題を抱えているという批判なのだと思う。
数学も科学も経済学も統計学も宗教だから、仕方が無いことなんですけど。

Vocaloidランキング100、初音ミク、2周年:「裏表ラバーズ」と「ぼからん#1から#100までを繋いでみた」


音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」
「週間Vocaloidランキング(Weekly Vocaloid Ranking #100)(http://www.youtube.com/watch?v=InvnXAg032E、http://www.youtube.com/watch?v=76LjAr4FjGs、http://www.youtube.com/watch?v=za52mNDbK-w)」が100回を数えました。おめでとうございます。
ただ聞きながら、このブログで紹介しているだけですが、紹介された曲が多岐に渡っているという意味でも、すばらしいランキングだと私は思っています。
これからも続いてくれるといいなと思います。
今回のランキングを聞いていて気になったのが「初音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」(http://www.youtube.com/watch?v=L8LlyEVSvhI)です。
それと、「【ミク生誕祭】ぼからん#1から#100までを繋いでみた(http://www.youtube.com/watch?v=6oaUWp8hqZU、http://www.youtube.com/watch?v=y1c3XQm_GzE、http://www.youtube.com/watch?v=kOV9TGQQ3K0、http://www.youtube.com/watch?v=SLuYS_FQ2Z8)」は初音ミクが発売されてから今までのランキングに入った曲をつないでいます。聞きごたえがあるので是非どうぞ。

【ミク生誕祭】ぼからん#1から#100までを繋いでみた Part 1

【ミク生誕祭】ぼからん#1から#100までを繋いでみた Part 2

【ミク生誕祭】ぼからん#1から#100までを繋いでみた Part 3

【ミク生誕祭】ぼからん#1から#100までを繋いでみた Part 4

日本美人、時計、癒し、写真集:「美人時計」


「【ネット】美女が知らせる癒やしの時刻 サイト「美人時計」人気(http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1251925839/)」というスレッドを見つけた。元記事は「美女が知らせる癒やしの時刻 サイト「美人時計」人気(http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200909020308.html)」で該当するサイトは「美人時計(http://www.bijint.com/)」です。
1440枚の画像を一分ごとに表示させるスクリプトがあれば同じようなものが作れるかも。しかし、美女を集めるのが大変。
流行るのかなぁ。