ピンキーストリートを改造してFFCCクリスタルベアラーのアルテアを作ってみた。みっつ目。

アルテアピンキー改造36
アルテアピンキー改造36 posted by (C)少年ありす

ピンキーストリートを改造して「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」のアルテアというキャラクターを作る作業のメモのみっつ目です。ひとつ目はこちらからふたつ目はこちらからどうぞ。

ほぼ整形が終わった段階で、着色する前にスポンジのやすりで細かい凹凸を滑らかにしていきます。棒のヤスリと同様にあまりこだわりはありません。こちらは目が詰まれば使い捨てるので手入れの事も深く考える必要は無いでしょう。気にするとしたら、素材の細かい凹凸があるので、間違って平らにしてしまわないように気をつける事が重要です。
私は「デイトナ:スポンジ研磨材 スーパーファイン♯320~600」、「デイトナ:スポンジ研磨材 ウルトラファイン♯800~1000」、「デイトナ:スポンジ研磨材 マイクロファイン♯1200~1500」あたりを使っています。素材を水で洗ってから平皿に水を入れてスポンジヤスリを濡らし、目が粗い順番に使います。ヤスリは3~5cmに切ると使いやすいです。

アルテアピンキー改造25 アルテアピンキー改造24 アルテアピンキー改造27 アルテアピンキー改造26 アルテアピンキー改造23

一番面積の多いピンクを下地の色にしました。メガネのフレームの黒や、元の髪の毛の茶色が出てしまう端以外はパテが白に近いグレーなので、素材の色を隠す意味合いは薄いです。

使っている絵の具は「リキテックス」と「ターナー」です。状況に応じて色を混ぜて使うこともありますが、大体は必要な色を探して買って使っています。色を混ぜると濁ってしまうので、ポップはキャラクタの場合には思うような色が出ないということがあります。

二種類のメーカーの使い分けは、光沢が必要かどうかです。リキテックスは光沢が出ますが、ターナーは光沢がありません。メガネの赤いフレームはポイントを持たせるためにターナーの赤を使いました。

アルテアピンキー改造28 アルテアピンキー改造33 アルテアピンキー改造29 アルテアピンキー改造30 アルテアピンキー改造31 アルテアピンキー改造32 アルテアピンキー改造36

下地のピンクを何度か塗って乾いた後で、毛の末端の黄色とメガネのフレームの赤を塗りました。基本的に厚塗りをしているので、絵の具を水で溶くことはありません。皿に絵の具を取り出してそのまま筆にとって塗っています。
筆はごく普通の「アクリル絵の具用筆」を使っています。少量の絵の具を皿に取り出し使い切るまで塗ってすぐに洗っています。アクリル絵の具は耐水性があるので乾いてしまうと皿からも筆からも落としにくくなるので注意して使ってください。
絵の具には「透明」と「不透明」があります。透明な絵の具は下にある色が出ます。そのため色むらも多いです。具体的には上の写真の黄色が透明色になります。何度も塗り重ねることでグラデーションをつける事が出来ます。

私は使っていないのですが、「Mr.ネコの手II」という道具がフィギュアの色塗りや乾燥のときに便利だそうです。着色して乾いていない部分がテーブルとかに触れてしまうと、失敗してしまうことが良くあります。特に「電動エアブラシ」等を使う場合には必須なようです。
また、エアブラシを使うようになるとマスキング素材も色々と必要になってくるようです。

アルテアピンキー改造34 アルテアピンキー改造35

この頃のピンキーストリートは首の角度が変わるようなものも出ています。もっと色々なパーツが出て進化してくると、ピンキーストリートも面白くなるんじゃないかなぁ、と勝手に想像しています。

ピンキーストリートを改造してFFCCクリスタルベアラーのアルテアを作ってみた。ふたつ目。

アルテアピンキー改造28
アルテアピンキー改造28 posted by (C)少年ありす

ピンキーストリートを改造して「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」のアルテアというキャラクターを作る作業のメモのふたつ目です。ひとつ目はこちらからどうぞ。

ピンキーストリートのキャラクターの利点は、前髪、後ろ髪、頭、上半身、足にパーツが分かれていて、様々なキャラクターのパーツを組み合わせる事で色々な新しいキャラクターを作ることが出来るというものです。なので、前髪に対して後ろ髪が絶対に対にならないと成立しないという構造は、ピンキーストリートという発想からは少々逸脱する部分もあります。まあ、あまり厳密に考えると、キャラクターを作ることが出来なくなるので程ほどの縛りと考えてます。

アルテアピンキー改造13 アルテアピンキー改造15 アルテアピンキー改造14 アルテアピンキー改造16 アルテアピンキー改造18 アルテアピンキー改造19 アルテアピンキー改造20

上記の写真は電動ルーターと金属製の棒ヤスリで整形した段階の写真です。電動ルーター(リューター)はドリルと同じモノを使っています。私の使っているものと違いますが「プロクソン ミニルーターセット NO.28600-S」などになります。ドリルの先に付けるものが、ヤスリならルーターと呼ぶような気がします。詳しくは検索してください(Wikipedhia「リューター」
ルーターの利点は細かいところを削ることが出来るということです。特に窪んだ所は棒状のヤスリでは作業できません。窪みが深ければナイフも使えない場合があります。ルーターの先は様々な形状を付け替えることが出来るので、場所に合ったパーツを使うと良いと思います。欠点は削りすぎてしまうこと、回転しているので弾んでしまって他の部分を削ってしまうことがあることです。特にナイフで削りやすい素材を選んで使っているので、簡単に削れてしまいます。また、広い平面には向きません。

棒状のヤスリは工作系道具が売っているお店で適当に買ったものを使っています(例えば「細工用ヤスリ」)。特にこだわりなく使っていますが、気にするのが目詰まりや使用後の掃除です。私が知っている本では、ヤスリの目詰まりはワイヤーブラシを使うように書いてあります。作業内容によってはワイヤーブラシが最適ですが、この素材の場合は使わなくなった歯ブラシで十分です。

整形している時に削りすぎたり、ボリュームが足りていないと後から気が付く場合があります。最初に使った素材を更に盛り付けることも出来ますが、「パテ革命 モリモリ120」がお勧めです。2液を混ぜるタイプで、ごく少量でも作業できます。このパテを使う場合は、とても柔らかいので、「ANEX スパチュラ No.270」等を使って盛り付けています。

最後の着色はみっつ目にまとめます。

ピンキーストリートを改造してFFCCクリスタルベアラーのアルテアを作ってみた。ひとつ目。

アルテアピンキー改造37
アルテアピンキー改造37 posted by (C)少年ありす

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」というゲームを先日購入した。で、その中で出てきた「アルテア」というキャラクターが、いい感じだったので、ピンキーストリートを改造して作ってみた。ついでに、作る工程を写真に撮ってみた。

アルテアピンキー改造03 アルテアピンキー改造00 アルテアピンキー改造01 アルテアピンキー改造02

先ずは用意したピンキーストリートです。メガネが付いている前髪と、中古フィギュアショップで一番安かったツインの三つ編みの後ろ髪です。

アルテアピンキー改造06 アルテアピンキー改造07 アルテアピンキー改造05 アルテアピンキー改造04

用意した髪の毛の不要な部分を削りました。使用したのはニッパークラフトナイフLです。ニッパで大雑把に切り取り、ナイフで細かい整形をします。まあ、整形といっても上にパテを盛ってしまうので、邪魔にならない程度に削っていく作業になります。

アルテアピンキー改造08 アルテアピンキー改造09

整形したフィギュアを上から見たところと、同じパーツがあったので、作業前、作業後を比較してみたところです。

アルテアピンキー改造11 アルテアピンキー改造12 アルテアピンキー改造10

パテを盛りました。使ったパテは「HC-119 エポキシパテ 水中用 BP 60g」です。一時間程度で硬化し、ナイフやヤスリで簡単に削ることができます。使う時は輪切りにして練り込みますので、必要な分量だけ使うことが出来ます。
後ろ髪をパテで作り、 食品で使うラップで包んでから前髪を嵌めてパテを盛りました。連結部分がパテで接着されてしまうので、離剥材(いつも使っているのは安物のリップクリーム)を塗るのですが、今回は面積も広いのでラップを使ってみました。
ラップの利点は硬化後に離剥材を洗浄しなくて良いことです。問題点は湾曲部分などラップの皺が付いてしまうことと、パテがラップに張り付いてしまうので、硬化するまで、全面的なやり直しがしにくいということです。

アルテアピンキー改造21 アルテアピンキー改造22

同じようにラップを使って後ろ髪のパーツを作りました。こちらはパーツを作った後でパーツと頭に電動ドリルで穴を開け、プラ棒(丸)をパーツに固定しました(電動ドリルとプラ棒のリンク先は全く同じ物がなかったので近いものを選びました)。
ドリルの注意点は、刺す棒のサイズよりやや小さめがベストです。同じ大きさだとぴったりこない場合があるためです。

とりあえず、長くなったのでふたつ目に続きます。