RaspberryPiにAndroidOSをインストールする作業


—–

RaspberryPiにAndroidOSをインストール出来るという情報があったので、試す事にした。あまり魅力は感じないのでとりあえず、といった感じ。

検索して参考にしたのは以下のサイトです。
「Raspberry Pi 4にてAndroid 11が動作カスタムROM導入に成功」
https://japanese.engadget.com/android-11-raspberry-pi-4-020011974.html
「Raspberry Pi 4でAndroid 11 OmniROMを起動してみました」

Raspberry Pi 4でAndroid 11 OmniROMを起動してみました

—–

魅力を感じない大きな理由は、RaspberryPiをAndroidOSのスマートフォンみたいに使うならスマートフォンを使った方が確実だし安定している。唯一Androidスマートフォンに勝てるとしたらカスタマイズ性能ぐらいではないだろうか。サーモカメラとか温度センサーとか変なオプション付きのAndroidスマートフォンを作るのも面白いかもしれないけど、例えばGPSの拡張ボードとかSIMの拡張ボードはやたらと高い。そろえて行くと普通にスマホが買える金額になる。AndroidOSは画面をタッチする動作やスワイプする動作が多いので、マウスやキーボードとは相性が悪い。
発熱もあるから本体にディスプレイをつけても熱いんじゃないかなぁ。

という事で、相変わらず失敗談から。掃除していたら出てきた2.5インチのHDD。今時SSDじゃないのかと思った方もよく考えていただきたいのだけれども、RaspberryPiのUSBは3.0ポートも大した速度は出ない。だったらHDDでも問題なかろう、というのが基本的な思考。まあ遅くて使い物にならないとかなら成果とも言えるんだけど、OSインストールまでは生きていたのに、RaspberryPiを起動させようとしたら壊れた。再起動を繰り返したのでインストールに失敗したかと思ったが、Windowsに接続したら認識しなかった。なんだかすごい音を立ててガスガス言うのですぐにUSBを引っこ抜いた。接続していてもパソコンを破壊する事は無いと思うけど、音も煩いし認識する様子も無いので廃棄方向へ。廃棄する前に分解ぐらいはするかも。鉄の円盤と磁石が手に入るから。

—–

改めまして色々とテストに使っているSDカードにOSを入れて起動させると、Omniのロゴがパタパタって感じで動き続けてしばらく時間が経過すると突然、AndroidOSが起動した。インストール画面とか設定画面とかwelcome画面とか特に無かった。デスクトップには設定のアイコンが一つだけ。画面上部もいつも通り。
まずは設定を開いて状態を確認。ついでにバージョン情報を連打していつもの画面を出してから、日本語設定日本語時間に変更。アプリの設定画面からアプリストアのアプリを起動。ここでやっとwelcomeっぽい画面になる。適当に次へを押して起動させてアプリを見ると結構な数があった。GooglePlayもあってインストールしたけど動作せず。ブラウザのChromeも動作せず。GoogleEarthは動作した。ゲームとかもいくつかインストールしたが問題なく動いた。広告をクリックしたらダウンロード出来なかったのはGooglePlayが無いからだと思われる。

デスクトップ画面で下から上にスワイプするとインストールしてあるアプリのリストが出てくる。アプリのリストのアイコンをドラッグアンドドロップするとデスクトップにアプリを並べる事も可能。まあ、いろいろと出来ると思われるが、普通のAndroidOSなら問題なくできるし、って感じなので省略。

—–

結論としてはアーキテクチャが近いんだからそりゃ動作するよね。Google開発者サービスというアプリが無いからAndroidとしては完全じゃないけど。それでも今時の若者はWindowsやLinuxよりもスマートフォンを触ってる時間の方が多いから、こう言うギミックも使い道を見つけ出すかもしれない。

スマートフォン ゲームアプリ(Android、iPhone)

現在使っている、AndroidとiPhoneのゲームアプリ。
記入されている時間は目安です。
購入購入があるゲームに関してはお金を使ったプレイをしていないため、内容は不明です。
(2012/06/10更新)

—Android,iPhone共通
■戦国テンカトリガー
放置型武将育成国取りカードゲーム
操作時間:1分~
操作頻度:1分~数十分(段位認定対戦は1分、国取りは国による)
ネット接続必須、かつ頻繁
サーバーメンテナンスの頻度が多い気がする。
アイテムの購入システムあり。
ガチャ(アイテムランダム購入)あり。

■ゆるロボ研究所
放置系ロボット作製出荷ゲーム

■おさわり探偵 なめこ栽培キット
放置系なめこ育成収穫ゲーム
操作時間:30秒~
操作頻度:15分~8時間に一回程度
ネット接続無し、交流要素無し、ガチャ要素無し、購入要素無し

■おさわり探偵 なめこ栽培キットSeazons
放置系なめこ育成収穫ゲーム
操作時間:30秒~
操作頻度:15分~8時間に一回程度
ネット接続無し、交流要素無し、ガチャ要素無し、購入要素無し

■おさわり探偵 なめこ栽培キットDulexe
放置系なめこ育成収穫ゲーム
操作時間:30秒~
操作頻度:15分~8時間に一回程度
ネット接続無し、交流要素無し、ガチャ要素無し、購入要素無し

■ゆけ!勇者
放置系ダンジョン探索アイテム収集キャラクター育成ゲーム
操作時間:2分~
操作頻度:15分~数時間(探索するダンジョンとフロア数による)
ネット接続必須
交流要素無し、購入要素なし

■ケリ姫クエスト
ゴム紐系勇者武器防具収集育成ゲーム
操作時間:15分
操作頻度:0分
ネット接続必須、かつ頻繁
ガチャ要素あり
購入要素あり
ゲーム起動時にアップデートを読み込む時間が長い

—Android
■Whipper
放置型アイテム収集合成強化地下迷宮探索ゲーム

■LoggingQuest
放置型主人公育成アイテム収集迷宮攻略魔王討伐ゲーム

■カートゥーンウォーズ

■ねじ巻きナイト

■四川省STD

■もじぴったん

■数独SuperSudoku

■鉄Qプリンセス

■ナンプレクライマー

■BowMan

—iPhone
■僕の魔界を救って!
放置型魔物収集育成使い捨て魔界拡張ゲーム
操作時間:3分~
操作頻度:20分~数時間(地下迷宮の広さによる)
ネット接続必須、かつ頻繁

■ギャラクシーコレクション
放置型惑星探査衛星強化組立惑星探索ゲーム
操作時間:2分~
操作頻度:15分~数十分(惑星探査時間による)
ネット接続必須、かつ頻繁
交流要素、多少あり。

■幻獣物語
放置型魔物育成進化アイテム収集合成冒険ゲーム
操作時間:2分~
操作頻度:15分~数時間(迷宮による)
ネット接続必須、かつ頻繁

■パズル&ドラゴン
落下系魔物収集育成地下迷宮後略パズルゲーム
操作時間:10分~
操作頻度:0分
ネット接続必須、かつ頻繁
ガチャ要素あり、購入要素あり。
交流要素、多少あり。

■ダークサマナー
連打系魔物収集育成カードゲーム
グラフィックスが綺麗
重いのであまりやっていない。

■MY NUMBER PLACE

■NumberLink-Sudoku

■納車ゲーム

■GeoBlocks

■マインスイーパ!

■3000000RPG

■3000000RPG2

iPhone(iOS)とAndroid(GALAXY)の日本語入力の違いと今後の日本語について

 私はガジェットが好きなので、パソコンよりも携帯できる小型入力装置の方を良く使う、と自分では思っている。現在はiPhoneとGALAXY Noteを併用して使っている。キーボードという入力装置には愛着があるのでiPhoneでもGALAXY Noteでもフリックではなくローマ字入力のソフトキーボードを使っている。フリックと違い、キーの数が多いので、画面が広い方が入力しやすい。必然的にタブレットに近いガジェットを必要としてしまう。iPhoneにはサイズの大きいものがない。iPadという製品はあるが、極端に大きい。別にiPadほど大きいがジェットが欲しい訳ではない。入力がしやすい小さいガジェットが欲しいので、微妙な選択になる。

 入力に拘りがなくフリックに慣れてしまえば画面が小さくても問題がなくなる。ガジェットは小さいほうが良い。この頃は音声入力も流行りだして、入力とガジェットサイズの関係性が希薄になった。小さくても入力しにくいという問題は徐々に切り離されつつある。
 フリック入力は突然現れたわけではなく、スマートフォン以前の携帯電話で入力するテンキー入力が基になっているのは誰もが見れば分かることで、テンキー入力の「何回も同じキーを押す」という入力の欠点を見事に解消した素晴らしい発明だと思う。フリック入力を応用すれば少ないキーで無限のキーボードを再現できる。キーが足りなければ階層を増やせばいいのだから。という意味で未来はフリック入力にあるのかもしれない。

 簡易なヘッドマウントディスプレー(HMD)がどんどん開発されれば画面のサイズと本体サイズも無関係になって真のウェアラブルコンピューティングに向かうだろう。現在、画面の形が本体のデザインを制限しているが、HMDで本体と画面が切り離されれば、スマートフォンというガジェットはどんな形にでも変容可能だ。携帯電話が電話機能だけだったら、骨伝道を使った指輪形になれたのと一緒だ。

 ガジェットとしてのサイズによる入力の違いの他にiPhoneとGALAXYの日本語入力には大きな違いがある。左右の移動キーがiPhoneには付いていない。そもそもMacの時代からアップルという会社の作る機器は日本語入力が下手で、半ば諦めているユーザーが殆どだったわけだが、iPhoneになって尚更日本語変換が不得手になった、と思う。大きな原因は日本語が文節変換をしなければならないという言語だからのようだ。英語などは単語ごとに空白を開ける規則になっているので、入力の時に「変換」作業や「変換する文字列の区切りの変更」作業がそもそも発生しない。散々日本語に対応した入力装置を作ってきた会社に対して言う言葉ではないが、はっきり言って、日本語入力というジャンルを軽視している。
 ところがiPhoneで入力がダメだから使わない、という人をあまり見かけない。我慢して使っているのだろうと思ったが、実際には入力の進化と日本語入力の簡素化によってiPhoneの日本語入力の劣化は覆されていたようだ。

 携帯電話から引き継がれた入力の、もう一つの特徴である「予想変換」という機能がある。これは上記の携帯電話の入力の欠点である入力の遅さを補うために、入力途中の文字列から想像して単語や文章を自動的に構築してしまうシステムだ。文字を最後まで入力する必要がないということは、入力回数が極端に多い入力装置にとって、非常に便利な機能である。逆に言えば入力が面倒だと思わず文字を最後まで入力するような場合、もしくは予想変換が自分の慣性と合わない場合には効力を発揮しない。フリックに限らず入力慣れしていない人こそが恩恵を被る。

 「予想変換」によって、入力は完結する必要がなくなった。要するに文節変換とか必要なくなったわけだ。必要なのは単語の組合せの数である。例文や慣用句、新語や良く使う言い回しが多ければ多いほど「予想変換」は優秀であるという事になる。それは、どんな言語でも同じ法則で変換構造を作ることができる。文字も「UTF-8」でユニバーサルになったが、「予想変換」によって、入力方法もユニバーサルになりつつある、と思う。

 という事を考えると、結局のところローマ字入力に拘っている理由が問題になる。自分にとって慣れから離れられないということ、自分の文章を自分で最後まで入力したい(自分が入力しないと自分が作ろうとした文章と同じであっても自分の文章のように感じない)ということの他に、私の時代はローマ字入力が「ユニバーサル」であったということも印象として強く残っているのかもしれない。

 現在はフリックにしても予想変換にしても自分にとって完全なものではないので移行することはないけれど、確実にそれも気が付かないうちに順調に未来に向かっているんだと確認するために文章にしてみた。そして、今後も日本語は変遷していくと思う。