購入、携帯電話、PDA:「Advanced W-ZERO3[es]」

Advanced W-ZERO3[es](http://www.sharp.co.jp/ws/011sh/index.html)を買った。色はブラウニーブラックだ。使っていたPHSが随分とガタがきていたので、機種変更の時期だったのだが、他のキャリアに乗り換えるかどうか迷っていたのだった。購入して2日目だが、既に幾つかトラブルに見舞われている。思ったようにいかないかとフリーソフトを検索してみたが、なかなかどうして、うまくはいかないものだ。
トラブルの一つは、インターネットにアクセスする方法を的確に選べない、というものだ。無線LAN環境にあって、メールのチェックはモデムを使っているらしい。モデムを使うたびに無線LANが切断されてネットサーフィンにパケット代がかかっているっぽい。
もう一つ、大きなトラブルは、パソコンと同期を取ったら設定が悪かったようで、データが全て消えてしまった。何と言うか、大変がっかりした。二日目で大したデータは無かったが、インストールしたフリーソフトの表示が消えてしまったので慌てて再起動をかけたり。元に戻ってほっと一息と言うところ。
他には説明書どおりにやったらパソコンとの同期がうまくいかず、ヘルプファイルに小さく書いてあったり、たぶんファイル名のせいだと思うのだが、移せないファイルがあったり、わかっていたことだがキーボードが小さくて打ちにくかったり、データ通信用USBソケットから充電できないため、専用のケーブルを購入しなければならなかったり、専用ケースを買おうとしたら売り切れだったり、大昔、CLIEというPalmOSのPDAを使っていた頃に使っていたフリーソフトの作者がW-ZEEO3用のソフトを作っていることを知って驚いたり、いろいろと検索しまくった結果、あまりフリーソフトが作られていないことに気がついたり、自作の壁紙を眺めて楽しんだり、ゲームをやってみたらすぐに充電が切れてしまったり、起動中のソフトを簡単に切替できなかったり、キーボードを開いたり閉じたりするときの画面切替が遅いのでいらついてみたり、メモリが少ないので困ってみたり、まあいろいろとあります。
ただ、良いところも沢山あって、エクセルやワードの読み書きができたり、ネットワークに参加できたり、キーボードでメモが取れたり、予定表やToDoリストが見やすく書きやすくパソコンで管理しやすかったり、ええと、ゲームができたり、ええと、ええと、まだまだ数え切れないほどあります(たぶん)。
ところで、この頃、携帯電話キャリアがはじめた、本体料金を基本料金と一緒に分割で徴収するというプランで、W-ZERO3を買いました。欠点は2年間使い続けなければならないことですけど、それ以外は、随分と良心的なので、心の狭い私はどこかに落とし穴があるのではと、随分悩んでしまいました。2年間、ハードウェアも保証対象だし。
最後に、参考にしたフリーソフトのリンク集を載せておきます。
http://www.forest.impress.co.jp/article/index_winmob.html
(「Pocket PC/Windows Mobile」ジャンルのソフト記事 INDEX:窓の杜)
http://download.goo.ne.jp/software/category/other/wince/net/
(フリーソフト&シェアウェア 他のOS用 > WindowsCE > インターネット&通信:gooダウンロード)

通販、本、比較:「アマゾンとセブンアンドワイ」

先日、アマゾン(http://www.amazon.co.jp)とセブンアンドワイ(http://www.7andy.jp/)で同時に書籍を購入した。同じ本ではない。二カ所に分けた理由は、セブンアンドワイで在庫がなくてすぐに発送できないらしい書籍を、アマゾンで調べたところ在庫ありだったので、二カ所で購入という運びになった。アマゾンではカード引き落としの購入をしているが、セブンアンドワイではコンビニ引き渡しにしている。コンビニ引き渡しの利点は送料がかからない事、家を開けていても確実に24時間引き取れる事が上げられるかもしれない。また、カードの場合、限度額まで買い物をしてしまうと、それ以上の買い物はしばらく無理になるのだが、コンビニ引き渡しは現金やり取りなので、お金さえ持っていれば購入可能だ。
と、まあ、お互いに長所短所があるわけだけど、同時に注文した商品、それも在庫があるものなのに、手元にたどり着くまでの時間がアマゾンの方が早い。アマゾンは発注した次の日に手元に商品が到着していた。セブンアンドワイは3日はかかっている。これは結構気になる。
こうなったのには幾つかの条件が考えられる。一つには、発送方法が全く異なるということ。アマゾンは自宅に直接送り届けるので、宅配業者のうち最速のものを選択できるが、セブンアンドワイの場合、コンビニに在庫商品を運ぶという独自の輸送経路を活用する事を目的としているので、輸送という面に関して融通が利きにくい、かもしれない。
また、上記で発注の次の日に届いた商品というのが、アマゾンのカートの中で「今は買わない」という欄にずっと入っていた商品であった。アマゾンで商品を買うにあたって1500円以上にしないと送料がかかるため、ずっと買おうか迷ってカートに入れっぱなしにしていた商品の一つを引っ張りだして付け加えたのだが、その引っ張りだしてきた商品だけが(在庫ありの商品ばかりを選んだにもかかわらず)先に届いてしまったのは、たぶん、アマゾンの倉庫内でのやり方があるのだろうと思われる。
とりあえず急いで購入するならアマゾンというのはあるのではないかと思う。「お急ぎ便」というオプションサービスもあるわけだし。