交流をしない自分に乾杯

自分は人付き合いが下手です。わかっているけどこのごろ特にそう思う。自己中心的なんだろうなぁ。余裕がない時に自己中心的なのはしょうがないですけど、「めんどう」という言葉で片付けてしまうあたり、社交性が低いです。
ここのところ、テレビを見ない、新聞読まない、ネットでニュースを見ない、ひとの日記を読まない、チャットも立ち上げてるだけで交流しない、文章は流し読みで、会話は上の空、食事は飲み込むだけで、酒は流し込むだけ。廃人っぽい。

むかし作っていたサイトを発見してしまった・・・

 某名前で検索してみたらむかし作った自分のサイトを発見してしまった。10年も前に作ったサイトで、放置していたのに未だに残っているのには驚いた。放置してから8年ぐらいたつのかなぁ。サーバーから削除されてるかと思ったよ。本当に懐かしい。
 あの頃はテキストベースでサイトを作ってました。パソコン通信からインターネットに移行して、頑張って勉強してました。今ではblogとかSNSとか便利になったなぁと思います。でも、パソコンは10年前からあまり、進歩してないような。
というわけで、見つけたサイトは内緒です

UUMEというSNSに入ってみた。

http://www.uume.jp/
UUMEというSNSに入ってみた。なんだか、閑散としている感じがした。mixiに比べてシスティマチックな部分が多いのかもしれない。人間関係は有機的なつながりだから、システマティックだとちょっと冷たい感じがするのかな。デザイン的な配色やアイコンも、冷たい感じがしてます。まあ、これからという部分が大きいのかも。例えば、コミュニティーの一覧の中で、サイト検索のようにきれいに分類されていたりするのも、良いようで悪いようで。mixiはコミュニティが幾つあるのかわからないけど、UUMEは全体を見渡せたりするから、「探す」という意欲を掻き立てなかったり。好みだけどね。

ハンター×ハンターのうたが歌いたい。

自宅に帰宅するとケーブルテレビのチューナーが新しくなってた。アニマックスが受信できるようになったらしい、ということで、さっそくつけてみたところ「ハンター×ハンター」がやっていて魅入ってしまった。丁度ゴンとキルアがネンを習得する瞬間でした~。モヘ~。そのまま見てしまいました。頭の中ではエンディング曲が流れてたりして、カラオケで歌いたいです。魔法騎士に行くか。というか時間が欲しい。

このごろ顔色が悪い、ような気がする。栄養が偏っているのかな。

ほとんど鏡を見ない生活が続いてた。久しぶりに家で鏡を見て、自分の顔色がずいぶんと悪いような気がした。以前はもっと血色が良かったような。栄養が偏っているか、疲れが出ているのか、年齢的なことなのか、日に焼けたのか、そろそろ寿命なのか。もしかしたら、気のせいかもしれないし、ライティングの問題かもしれないけど。
秋葉原に自分の部屋が欲しいと切実に思う。狭いワンルームでいいので。でも、部屋を持つと知り合いのたまり場になりそうで怖い。友人を招待できない程心が狭い人間じゃないけど。

このごろ、診断サイトが増えてる?やってみたので、結果を貼ってみる

http://www32.ocn.ne.jp/~emina/
ISFP型:見ているだけで口は出さない
 つねに傍観者であろうとするが、他人に対する愛情や感じやすい心がないわけでもなく、人生を楽しむ気持ちがないわけでもない。
どのタイプよりも、自分自身にも自分のまわりの世界にも関心がある。
 ISFP型は人を指導したり支配したいという気持ちがあまりない。
植物でも動物でも人間でも、協調して暮らしている姿を見たいという気持ちが強い。
相手に押し付けがましく干渉するのではなく、側面から励まし、相手の能力を発揮させてやりたいと思う。
まわりの人の暮らしにはそれぞれ本来の境界があると考え、それを尊重するあまり、人によっては他人に制限や枠を課さざるをえないこともあるのがなかなか理解できない。
押し付けがましくない性格から、一見、指導力に欠けているように見えるので、ほかの人から無視されたり、ごり押しされてしまいがちだ。
ある意味では、十六のタイプのうち、もっとも目立たない存在である。
 F型(温かい、世話をやく)とP型(心が広い、柔軟性がある)は、伝統的に女性的と考えられている特徴であり、I型(じっくりものを考える、無口)とS型(実際的、根拠に基づく)は伝統的に男性的と考えられている特徴である。
この四つの性格があいまって、リーダーシップをとったり影響力をふるうタイプではなくなる。
世間とのかかわりでも何かを変えたり支配したがるところがなく、あるがままに受け入れる。
だから、ISFP型は男性でも女性でも、人にあまり強いイメージを与えないし、本来、人と張り合わない。
 ISFP型の男性はさまざまな役割をきちんと果たし、尊敬される。世話をやいてくれる男性を求めている人には、このタイプがうってつけだ。
ISFP型は女性も男性もしばしば自分を過小評価する。だから、お世辞を言われると、「そんなつもりでは」とか「ただの偶然ですよ」としりぞけてしまう。
親子関係
 親としては、子どもを支配するのではなく、子どもとうまくつきあおうとする。
そこで、P型の傾向の強い子どもは、放任されすぎて、いささかタガがはずれてしまう。
一方、指示や指導を求めたがるJ型の子どもはフラストレーションがつのる。
違うタイプの子どもにとっては、あまり支配したり影響力をふるおうとしないISFP型の親を理解しにくい。
親としてはもっと伸び伸びと成長させるつもりなのだが、もの静かでおだやかなので、もの足りなく思われてしまう。
子どもから見れば、ISFP型の親はいつもそれとなくそばにいて、子どものやりたいことをくみとり、成長を支え、喜んでくれる。
「愛情」は言葉で表現するよりも、いろいろなやり方でそれとなく示す。
手作りのクッキーや手編みのセーターは、「愛している」というしるしなのである。
こうしたやさしい態度で愛情が伝わるので、子どもは親から愛されているとわかる。
 ISFP型の子どもはしばしば、どこといって特定の場所を目ざすわけでなく、のんびりと興味の向くまま探検をする。
ひとりでいるのが苦にならず、決まりや時間や家族の事情など気にせずに、自分のまわりの世界を探検するのである。植物や動物も兄弟姉妹や両親もその世界の一員なのだ。
 ISFP型の子どもは、P型の面でほかの家族と歩調が合わない。
食事の時間だというのに遊んでいたり、みんなが車で出かけようとしているのにテレビを見ていたり、友達が迎えにきたのにおもちゃを片づけていたりする。
両親や兄弟や教師を喜ばせたい気持ちは十分にあるが、往々にして、相手をうんざりさせ、いらいらさせるようなやり方をしてしまい、「何をやってもだめな子なんだから」といわれてしまう。
 S型なので、概念や理屈にはあまり関心がなく、実際的なことに興味を示す。
「どんなふうに見えるか」「触った感じはどんなか」「それを使って何ができるか」「どんなふうに動くのか」といったことには、ぱっと関心を見せるが、
理論となると興味がなく、反応も鈍いので、往々にして「覚えが悪い」とか「ぼんやりしている」といったマイナスのレッテルをはられてしまう。
このレッテルは正しくないのだが、そのせいで上級の学校へ進学させてもらえない傾向がある。

mixiの参加しているコミュニティの数を減らしてみた

このごろ、mixi廃人してます。damejというチャットルームに入り浸っていたり(AIM、iChat)、某所で引きこもり続けたり、友人と同人ソフトで遊んだり、駄目な人生を謳歌しています。
ところで、私が所属しているmixiというsnsのなかで、ずいぶんと参加しているコミュニティーが増えてしまいました。衝動的に楽しそうだから入ったコミュニティが多いので、ここでちょっと整理することにしました。沢山のコミュニティに参加するのが楽しい人もいるみたいで、私の参加コミュニティの数なんてたかが知れているんですが、自分の管理能力から考えるとやっぱり多過ぎかなと思う。
管理人になったコミュニティもあるし、もう少しいろいろとやってみよう~。